かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

「1」って何だろう?射手座だからこそ「楽しくする」を学ぶ

f:id:KAERUSAN:20180324122121j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は射手座。射手座だからこそ「楽しくする」を学ぶ、と言うお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain 「楽しくする」を学ぶ??「楽しい」の「勉強」なの?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain それを一致させる、と言うことですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 「楽しい」そして「勉強」である、って言うこと?!

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 理想的ではあるけれども。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain 出来るか、出来ないかで射手座は分かれます、楽しそう、に見えるものだけでなく、奥深さの中に楽しさを見つける、今回はそんなお話です。

 

 

「楽しい」=「ラク」では無い

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 射手座と言えば、ワクワクする楽しいこと、やってみなくちゃ判らないことが大好きだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain そうです、射手座は考えることが、とっても好きですから。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain ですから、それを生かして深められれば、すごく役に立ちますし、目の前のことにだけに使うかで、大きく結果が変わります。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain でも、それを言ったら誰でもそうじゃない?

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain そうですね、しかし射手座の場合は死活問題ですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain カンタンで楽しいことは、だいたい誰でも好きですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain だいたいじゃなくて誰でも好きでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 実は、かえるさんは「誰でもカンタンにすぐ出来る」って書いてあると興味を失います。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 何でよ!

 

f:id:KAERUSAN:20180129120030g:plain じゃあ、やんなくてもいいや、って思うし、誰でもカンタンにすぐ出来るなら、恐らく役に立たないということでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain かえるさんも実は、そこそこ射手座は強いのですが、とにかく射手座は話の入り口が大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182322g:plain 面白そう!とか、

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain つまんなそう。が大切なんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain だから最初に「つまらなそうだ」と思っても、その気持ちを無視して、最初に頑張れれば、面白くなってきたりするんですよ。それが「楽しそうなこと」しかやらない射手座から「楽しくする」射手座の違いです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain あー、難しそう、とか、つまんなそう、って思っても、やってみれば深みが判ってきて面白くなるってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain そうです、例えば、仕事ならお金をもらえますよね。そこには、効率化のコツや仕事上の流れでどういう意味を持っているか、じゃあ、こうしよう!などと考え始めれば射手座は楽しめるんですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain ハッキリ言って元から頭は良いんだと思うんだよね、考えっぱなしだし。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain そうなんです。どんなことでも、考えて楽しむコツをつかめば、すごく役に立つんです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain そこまで頑張れないと、結果にはつながりにくいんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 挫折した時に、挫折を解決する面白さを1度知っちゃえば良いんですよね。でも気が散りやすい欠点もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20180202174543g:plain そこで頑張れるか、どうかだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130193857g:plain ここを越せば絶対面白くなる!って思うか、良く判らねえや。って思うかです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain だから、最初つまらないと思っても役立つ必要なこと、例えば仕事や勉強なら、楽しくするぞ!、って気持ちが必要なんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain そうです。

 

「1」「ゼロ」ってなんだろう?

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain イメージが悪く、つまらないものの代名詞、算数、数学ですが、実は哲学要素が強い芸術性のある教科です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain そうなの?

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain 実際に算数教育の進んだ国では、コンピューターに強い人材が育ちやすく、とても有益な教科ですが、数学なんて社会に出ても役に立たない、などと言う人も多いですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 役に立つかね?

 

f:id:KAERUSAN:20180130193857g:plain そりゃ、役に立ちますよ。「難しい」って言葉がありますね。どういう意味だと思います?

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain 理解が困難、複雑、かな。

 

f:id:KAERUSAN:20180130170208g:plain そうです、複雑と言うことは、色々な要素が絡み合っているということですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain そうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 言いかえれば、分解して1つづつ理解すれば良いわけです。複雑はそうやって克服するのです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain その手法を練習するために算数、数学はとっても素晴しい教科です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain だから、大人になって因数分解やサイン、コサインなど忘れてしまっても、それを習得した経験は一生役立ちます。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 「難しい」と言うものがあるんじゃなくて、良く判らない時にそう感じるんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain だからこそ難しいものは判りはじめれば面白いんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain 奥深いってことだね。それこそ、射手座向けの一生の楽しみになるんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180325013659j:plain

 

「1」と「0」のお話

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain ちょっぴり「算数」「数学」の哲学的なお話をしましょう。

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain にわとりさん、「1」って何でしょう?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain え!「1」は「1」でしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain じゃあ、1つのリンゴを4つに切ります。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain これは「4つ」ですか、「4分の1」が4つですか?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain ええと、いつもは「4つ」って言っているけど、それじゃ増えているみたいになっちゃうから「4分の1」が「4つ」かな。

 

f:id:KAERUSAN:20180129120030g:plain でもいつもは「4つ」って言いません?

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain 言う。「4分の1」とは言わない。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain でも、みんな判りますでしょ、その場に適した表現を自然に使っているわけですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain そう言われると、なんでそんな自由なことが許されるんだろう?正確さは求められないのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain でも、元のリンゴからみれば「4分の1」ですが、個別には「1つ」であることには間違い無いでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain そうか、正確じゃない、とも言えないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain じゃあ「1」をもう少し考えてみましょう。まず「1」は「1」と同じ大きさですね。ですから「1=1」が成り立ちます。

f:id:KAERUSAN:20180324232812j:plain

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain そうだね。「1」と「1」は同じ大きさだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130170208g:plain では両辺に同じ数をかけたり、同じ数で割っても、同じ大きさですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain そうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130170208g:plain 両辺を「3」で割ってみます。

f:id:KAERUSAN:20180324233328j:plain

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain なるほど、そうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain で、今度は両辺に「3」をかけてみます。

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain 「3分の1」は「3分の3」になるから約分して「1」だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain ですから、こうなります。

f:id:KAERUSAN:20180324233546j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain あれ!大きさが違っちゃった!!??

 

f:id:KAERUSAN:20180130170208g:plain いやいや、同じ大きさですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain いや、0.999…の方が少し小さいでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain 同じ操作をしたんですから同じ大きさですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain 「1」と「0.999…」は同じ大きさなんです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain なんか変な気分だな!

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain 先ほど、にわとりさんは「1」と「1」は同じ大きさだね。と言いましたが、最初のリンゴの話では「1」と「1」は同じではありませんでしたね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain おー、そう言えば。どうなってんだ?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain 一面的には、事実そのものではなく、事実を当てはめることが出来る一つのツールとも言えそうですね。それを踏まえて、事実を伝えるのに大変優れた指標、ツールと言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 数字って考える余地の無い決まりきったものと思っている人も多いですが、そう言うわけでも無いんです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain よく漫画や映画で「オレは可能性がゼロになるまで戦うぞ」と言うセリフがありますが、あれは数学では、完全に勝つ可能性が無い、と言う意味ではありません。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain そうなの!?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain 数学上は、宝くじの高額当選ほどの小さな可能性ならゼロと言って問題ありません。

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain それ言っちゃう。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 逆に言えばゼロとはそういうものなんです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain え!なんにも無いのがゼロじゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain 何にも無い、って何ですか?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain え!

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain 例えばこの部屋にリンゴはいくつあるか。なら「ゼロ」とか「1個」等で良いですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain じゃあ、宇宙の誕生、宇宙の一番最初はどうでしょう?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain ああ!何にも無ければ、何も生まれない、でも最初、って聞かれたら、何も無かった、って言うしかない、って話だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain そうです、その場合「ゼロ」っていう表現は便利とも言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain ブラックホールの中心は完全な1点と言うことなのですが、熱が出ている、って問題がありました。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain へー、そうなんだ、どこが不思議なの。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain 熱って、振動しているわけですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain あー、そうか、暑いや、熱い、は分子が激しく振動してるんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 寒い、冷たい、は逆に分子の運動が小さい。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain 完全な一点から熱が出るのはおかしいな!何で出るの!

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain すごくカンタンに言うと、3次元4次元的には完全な一点ですが、違う次元では面を折りたたんだような状態になっていて面の「部分」が振動していることで熱が出ていると言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain ぜんぜん判らないけど、そうなんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain でも、そう聞くと「ゼロ」って、色んな使い方があるな。「1」も同じだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain 数字って哲学でしょ。ただ、数字はあらゆる場面で適切に使うと、情報伝達、説得力に大きな力を発揮します、不確実なもの、ではありませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain でも、なんか不確実と言うか、微妙な所もあるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain 面白いですよね。数字とは何か、を自分なりに考えてみると面白いですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 結局「1」って何!

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain そんなの、どんな学者だって困る質問ですよ。今回は「何だろう?」って話ですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129185445j:plain

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「語る」「欠点」や「いて座」の記事もごらん下さい~☆ 自分の星座をキチンと調べたい方はカテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、「ホロスコープ作成」をごらん下さい、カンタンに無料、登録無しで調べられます。