かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

現実を受け入れて再出発 獅子座だからこそ「諦念」を学ぶ

f:id:KAERUSAN:20180319133645j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は獅子座のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182322g:plain 獅子座はプライドが高いね、自信に満ちあふれている感じ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain そうですね。プライドは頑張る力にもなりますし、妬みや苛立ち、無気力にもつながりやすく、大変コントロールが難しいものです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain プライドがあるから負けたくないし頑張る。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain プライドがあるからダメだった時に認めたくない。

 

f:id:KAERUSAN:20180129120030g:plain 認めたくない、ってことは自分以外のせいにしたい、と言う気持ちが働くこともありえます。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain それが良くないパターンだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain 今回はそんな、上手く行かないパターンの獅子座のお話をいたしましょう。

 

 

プライドと言う欲望

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain プライドってどこから出てくるのかね。ある程度は誰にでもあるよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain そうですね、全く無い人は少ないですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain 要するに誇り、自尊心ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 自分を評価する気持ち、ってことかな。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 自分を「適切」に評価する態度を、良い意味で自尊心、プライドと言うのが普通ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain プライドが高すぎる状況は?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 判りやすく言えば「自意識過剰」ですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain 出来ていないのに、もっと認められるべきだ!!または、自分が出来なかったことを受け入れられない。

 

f:id:KAERUSAN:20180326185810g:plain 出来なかったことを周りに言い訳する必要って本来無いですよね、でも、それを自分から言い訳する姿勢はまさに自意識過剰ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 別に、他人が目標を達成出来なかったことを責めようとも思わないよね、正直に言ってどうでもいいし。

 

f:id:KAERUSAN:20180205181526g:plain 実際問題そうですよね、しかし自意識過剰な人は、そうは思えないんですよね、だから聞かれても無いのに言い訳したり、自分を責めてしまうのですね。そのことで頭が一杯なんでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain めんどくさいね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain そんな人だから、負けを認めたくないんですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain 一回負けたら気になって大変じゃん!

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain そうですよね、そのまま引きこもっちゃう人もいますよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain 社会に戻れなくなっちゃうのか、考えようによっては、心が弱いとも言えるね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain 人生最初から最後まで負けることなく過ごせる人はいませんから、どこかでその弱さを克服するのが普通です。引きこもりなどは、その過程とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 獅子座の人生はドラマチックとか言うのはそう言うことか。

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain 運命と言うのは常に本人の考え方がほとんどですから。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain 自分の心との戦いとも言えるね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 実際には誰も気にして無いんだから、事実じゃないことに悩まされているわけだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129120030g:plain その通りです、その通りですが、事実を知る、ことは誰でも難しいことですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain むずかしい!?

 

f:id:KAERUSAN:20180130170208g:plain 事実を見るためには、自分を知らないといけないですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain どういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain 人は自分が見たいようにしか世界を見ることが出来ません。自分がどういう歪みをもって世界を見ているかを知って情報を修正してこそ状況が見えてきます。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain そして、周囲に5人いれば5人の考え方の歪みを理解していれば「この状況はこの人には、こう見える、あの人には、ああ見える」と言う感じで、はじめて状況の理解がスタートします、カンタンにコレが本当だ、と言うようなものではありません。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain それは言葉の意味の違いでもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 同じ言葉でも各自意味は違ってたりするってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain それが理解出来れば、自分も例外ではなく、歪んだ情報で状況を判断していることを踏まえて行動を決めることが出来ます。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain そうすれば、自分の失敗も現実的に受け止められますから、プライドが高くても、自意識過剰であっても、次の目標を作り活動することが可能になるわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 自意識過剰は、良く考えればおかしいよね、だって、自分がそんなに有名なわけないよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain まあ、普通は誰も知らないですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129120030g:plain 自意識過剰だと、自分が世界の中心なんで、自分に対する気に食わない評価が受け入れられないので、それを修正したくて、しつこくなったり、妬んだり憎んだりすることもありえますね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain なんで、そんなことになっちゃうんだろうね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain じゃあ、そのお話をしましょう。

 

f:id:KAERUSAN:20180319184918j:plain

 

自分は見られているはず

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain いや、見られて無いし。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain そうなんですよね、でも、そう勘違いしているから、仕方が無いですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain いや、おかしいでしょ。かえって辛いでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain でも、自分が注目されていない、と思うより楽とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 楽じゃないでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain 正確には、自分の考え方、方針を変えるより楽、ってことですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain 生きていく、と言う視点では不便で苦しくても、自分の生き方は変えられない、と言うことか。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 誰でもそうなんですが、獅子座は特に理想を目指す気持ちが強いですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain まあ、だから頑張ることが出来るとも言えるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain だから、状況によって切り替える必要がありますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain で、諦める気持ち「諦念(ていねん)」か。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain そうですね、ダメだった時に、自分のせいじゃない、と思うのはかまいませんが、それを他の人に言って評価が上がることは無いでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 無いね。下がることはあるけど。どうせやりもしないことを今は理由があって出来ないんだ、とか聞いても無いのに言われても下がるね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain でも、他のことで成功した後に、昔は苦労もした、とか、自分も上手く行かなかった時もあった、と言う話なら聞いてくれる人もいるでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182322g:plain 成功した後なら美談なんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain だから、上手く行かなかったことは、どうもこうも出来ないから、放置しておいた方が良いんですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain たしかにそうだねぇ。そう考えると、次にいくのが効率的だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 頑張ってもダメだった、だから次も上手く行かない、要するに自信を失っちゃうという側面もあるでしょうね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 例えば、演劇やお芝居で役者さんを目指している人なら、その活動より有名になりたい気持ちが強い場合、頑張った日々を楽しかった、もう1度挑戦したい、とは思えないのかもね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain その時点でダメなのかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 好きこそものの上手なれ、って言うもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 「諦念」諦めるには現実を知ること、事実を論理的に認識して受け入れる、ってことか。切り替えるってことだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain そうですね、獅子座は理想に向かってこそ輝ける星座とも言えますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129185445j:plain

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「語る」「欠点」や「しし座」の記事もごらん下さい~☆ 自分の星座をキチンと調べたい方はカテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、「ホロスコープ作成」をごらん下さい、カンタンに無料、登録無しで調べられます。