かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

人との集まり方の違い 双子座と蟹座

f:id:KAERUSAN:20171226213819j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain こんにちは、かえるさんです。今回はパーソナルサイン、個人的星座の双子座と蟹座のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain なんか仲間とか友人とか、楽しさそうなイメージだな。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうですね、一人でいるよりみんなでいる方が楽しい雰囲気ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain そうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain 今回はそんな双子座、蟹座のお話です。

 

 

双子座と蟹座のイメージ

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain 最初の星座牡羊座で「魂」が生まれて、牡牛座で「体」を得て、双子座では「他の体」要するに「他の人」と出会いコミュニケーションを始めた、と言うイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain だからこそ、場の空気が気になるんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain ここで初めて、コミュニケーションが生まれたから、最も純粋な表現、目的より場の空気を大切にするんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうです、そして蟹座では、特定の他の人と「群れ」「チーム」を作ろうとします。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain やっぱり生きていくためには力を合わせたほうが効率がいいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain そういうことですね。そして、安心感と言うのがキーワードになります。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain そのため人とのつながり、そのものが目的となります。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 仲間で固まる、と言うイメージが蟹のカラで表現されています。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 守っている感じだ。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain そうですね、守っているとも、閉じ込めている、とも言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152540g:plain そのバランスが難しいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152503g:plain そうですね、みんなだからこそ出来ることもある、みんなだからやってしまうこともある。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152540g:plain 双子座の時には無かった感じだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152423g:plain そうですね、蟹座は力を合わせることが目的なので大きく違います。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 双子座は自由で、蟹座は絆って感じかな。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain 双子座は、自由と言うより、ゆるいつながりと言う感じですね。

 

双子座と蟹座、似ている所、違う所

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain まあ、集まろうとしている感じはするよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうですね、集まるために目的を作る感じ、が似ていると思います。

  

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain じゃあ、人間関係がとっても大切なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そういうことですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain 言いかえれば、その点が悩みにもなりやすいということですね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 大切なものほど、こうであって欲しい、と思うから悩みになりやすいってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain 双子座の方が縛りが弱いから、上手くいきそうな気がするけども。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 縛りが弱いから、物足りない、信頼できない、物足りないって感じる相手もいますから。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain もちろん、双子座の相手に圧力をかけないことが心地良い、と思う人もいます。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain どっちがいい、ってのは無いか、でも、何か目的に向かう時は蟹座の方が強い気がしちゃうけど。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain それも目的によりますよ、楽しむために集まるなら、双子座の方が使いやすいし、チームの力を合わせて何かを競ったりするなら蟹座の方が向いているかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain おー、なるほど。仕事にしても、遊びにしても、使う内容によりけりか。

 

f:id:KAERUSAN:20171226234057j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 違いは何だろう?

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 今、言ったように目的が違いますよね、ですから、持つ悩みは違いますね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain 双子座は、場の空気が最重要なので、目の前のこと以外をコントロール出来ずに苦しみます。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain そうか、接客なんかにはいいけど、目的を追求していくとなると難しいか。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain そして、空気を変化させない、場の雰囲気を安定するように行動するクセがあるので、自分のことを考える時も、結果を重視した行動を取るのが得意ではありません。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 結果を大事だと思わないの?

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain いや、大事だと思ってもナカナカ出来ないんです。大事じゃなきゃ悩みませんから。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 蟹座は?

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 蟹座は、強い団結を欲しがるので、目標も必然的に真剣なものを選ぶでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 実用的でいいじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうですね、でも、それだけに争いも起こりやすいですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212440g:plain たしかに、厳しい状況や、チームワークを強制されたら離れたくなる人もいるよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain そういう意味では「家族」と言う組織が蟹座らしさを一番発揮しやすい、とも言えますね。損得以上に「団結」が大切。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain なるほど。確かに「絆」って感じだよね。蟹座の人はそういう損得じゃない団結感が良いんだよな、信頼できる感じするよ。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain でも、親の願望で子供をがんじがらめにするのもどうかと思うよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152503g:plain なんでもカンタンに決めてはいけません、子供の側の人間性もありますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain あ、そうか、親と一緒に子供が受験活動などをすることに子供の方も一体感と充実感を持つかもしれないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain たしかに、先入観は良くないね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain 人それぞれなのです。

 

f:id:KAERUSAN:20171111210525j:plain

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「ふたご座」「かに座」の記事もごらん下さい~☆ ホロスコープを作りたい場合は「ホロスコープ作成」を是非どうぞ。