かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

「やりたいこと」ふたご座 対向星座いて座から学ぶ

f:id:KAERUSAN:20170831041048j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「ふたご座」の反対側の星座、いて座から学ぶ、お話を致します。

 

f:id:KAERUSAN:20170730175344j:plain

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain ふたご座と、いて座はちょうど向かい側にあるね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain ふたご座は、人当たりもいいし、いて座はテキトーな感じもするけど、どっちもそんなに困ってない感じだけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 困らない星座なんて無いですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain でも、ふたご座と言えば、コミュニケーション、人脈です、それを生かすためにも、いて座は、いいヒントになります。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain 今回はそんな、ふたご座と、いて座のお話です。

 

 

ポイント

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain ふたご座はコミュニケーションが大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172914g:plain 大事にしてるよね、空気を読む能力と気遣いが素晴しい。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain で、問題は自分のことです、その場の空気のみで行動してしまう部分があるので、そうなると信用問題もありえます。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain あー、なるほどね。いつも人前ではいい感じだけど、結局約束を守らない、なんてなったら人付き合いも上手くいかないよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 結局、信用が大切ですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165928g:plain もうひとつは、ふたご座は、ネットワークを作ること自体が目的なので、結果が全くの未知数なのが問題です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 誰にでも溶け込めるから、何をしたいのか判らないような感じになりやすいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain そうなんですよね、友達を作るのが目的なんで、それを維持しようとすると、相手に合わせる形になります、だから一回悪い友人とつながると人生が大きい回り道になります。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain それは大問題だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 自覚はあっても空気に逆らえないので、悩みながらもそのままになりやすいんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain そこに、いて座の要素を取り入れたいんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20170831182940j:plain

 

いて座的な

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain いて座は、こうしたら、どうなるんだろう?やってみたい!と言う星座です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172914g:plain いて座の人は、明るく楽しい人が多いよね、人を楽しませるのが好きな感じ。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain ふたご座の人は、空気も読んで、相手が何を嫌がるかを良く考えるから、ふたご座の人も一緒にいて快適だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain いいですよね、でも、その広い人脈から得た広い知識を生かすのが難しいんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain そこで、目標を持つことが大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20170807172914g:plain 集めた知識で、何をするか、を考えることが大切なんだね。要するになんとなくじゃなくて、何の知識が必要か考えるってことだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 際限なく広げるのは、色々ムダも多いですからね、目標・目的を持ってネットワークを広げたり勉強をしたり、するのが良いでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170807154808g:plain でも、たくさん友達がいれば、本人は幸せなんじゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain 十年後も、二十年後もそうなら、それでいいですけど、その時、何も残らなかった、って思うのだとしたら、考えてもいいでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain でも、後のことなんて今判るの?

 

f:id:KAERUSAN:20170807170917g:plain まず、友達と遊びながらも、このままじゃいけない、って思っている人は、考えた方がいいでしょう。ふたご座は、迷いの星座ですから、しっかりした行動をとるのはカンタンではありません。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165928g:plain でも、年をとって何も残ってなくて、これで良かったとは感じにくいですよね。ふたご座の場合、もっとこうしたらいいのにな、って判っているけど、流されてしまう形になりやすいのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain しっかりするだけなら、いて座じゃなくても、いい気がするけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170807160729g:plain 判ります、でも、しっかりしようって話じゃないんです。いて座とふたご座は似ています、好奇心が高いのです、ふたご座は人をつなぐ為に知識を生かし、いて座は知識を使ってみたい、という欲求があります、この性質の違いから、いて座のほうが興味のあることに対して深めに考えることが出来ます。

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain いて座は哲学の星座って言ってたね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807160729g:plain 興味を好奇心だけで終わらさないで、一歩踏み込んでみるとまた新たな興味も沸きますし、

 

f:id:KAERUSAN:20170807165752g:plain 要するに、せっかくの人脈と知識を生かすことを考えると充実しやすいよ、って話だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170807160729g:plain そのとおりです、もちろん、しっかりするのもいいことですね。

 

www.kaerusan01.com

f:id:KAERUSAN:20170808171138j:plain

f:id:KAERUSAN:20170807172737g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「ふたご座」の記事もごらん下さい~☆