かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

水瓶座 美少年ガニメデスと鷲になったゼウス

f:id:KAERUSAN:20170526105905j:plain

 

空の「みずがめ座」

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は、実際の、みずがめ座とそれにまつわる神話のお話です、ホロスコープで性格を分析するために大変役に立つのでぜひごらん下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain みずがめ座は、秋から冬の星座です。9月~11月頃に見えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain みずがめから、水を流してるね。この人。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 無償の愛を意味してます、タロットの「星」と同じです。みずがめ座は、金色に輝く美少年ガニメデスです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain おお!そりゃ、いかにも見つけやすそうだね。夜空に輝く感じ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 所が、別に見つけやすくありません。むしろ暗めの星座です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain なんだよそれ。まあ、いいけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 目印は、みずがめ座の足元にある、みなみのうお座のフォマルホウトが目印になります。フォマルホウトは一等星ですから。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 10月下旬の夜8時ごろに、空をみると、やぎ座、みずがめ座、うお座などが見えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain やぎ座と、みずがめ座は、くっつきそうだね、みずがめ座の南に、ちょうこくしつ座ってのがあるけど、周りの星座は、つる、ほうおう、くじらだよ、誰が使うのさ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain なんか、ラカイユというフランス人が星座が無かった所に、アトリエ座ってつけたそうです。日本では、ちょうこくしつ、です。18世紀の話ですから最近ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 勝手に作ったのか。鶴なら機織(はたおり)がいけるから期待したけど、そういうエピソードはないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain フランス人は鶴の恩返しなんて知りませんよ。

 

「みずがめ座」の神話

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 黄金に輝く美少年ガニメデス、だっけ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そうです。天上の世界で神々に給仕をしていた女神が、結婚して退職することになったので、新しい給仕係を探すことになった所から話は始まります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そこでゼウスが、給仕係を探しに行きました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain え!!ゼウスって神々の王様じゃなかったっけ?給仕係を探すの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511182529g:plain 探すって言ったら探すんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain ヒマな王様だな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain ゼウスがトロイに着いたら大変ステキな美少年がいました。トロイの王子ガニメデスです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain え、トロイって、トロイ戦争の?トロイの木馬の?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そうです、トロイはイロイロ有名ですよね。トロイ陥落後、おちのびた人たちが、ローマを作った、とか、アルビオンに渡った、とか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain アルビオン?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 今で言うイギリスですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain へー、それで、そこの王子だったガニメデスに目を付けたゼウスはどうしたの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 鷲になって、ガニメデスをさらっていきました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain 神様でもダメだろ!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain で、ゼウスも悪いと思って父親に、とても速い神の馬を与えました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191411g:plain そういう問題じゃないだろ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain そして、ガニメデスは神々の給仕係となり、ゼウスから永遠の若さを賜って星座になりました。

 

f:id:KAERUSAN:20170512175809g:plain まだ子供だろ!大人になれないじゃん。

 

「みずがめ座」の神話

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain と、一見めちゃくちゃな話ですが、星座になった以上、みずがめ座の理想の姿がこの話には潜んでいるのであります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain 神話ってさ、もう少し共感出来るようにして欲しいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain インパクトも大切ですし、直接言ったのでは、意味が深く気持ちに入らないんですよね、やっぱり読んだ人が考えたり想像することも大切なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181723g:plain あと、ゼウスの、いて座は、浮気しにくいか?と言えば、しにくいとはいいにくい部分もありますから。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain 言いにくいことも、いいやすいのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain で、ガニメデスの美少年というのは、男っぽい、女っぽいというのは薄い、みずがめ座の中性的な部分を表しています。実際に、みずがめ座の人は若々しい人が多いと言うのもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あー、さわやかな感じには、そういう面もあるか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そして、ゼウスは当然「木星」「いて座」を表します。さらに、鷲は、自分の気持ち、状況、願望を客観的にみることを意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain ちょっとむずかしいよね、欲望とか願望と、どう違うのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain そうですね、あえて言えばですかね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 自分のことだけじゃなくて周りも見れるような感じか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ガニメデスが神々の給仕をして回る、と言うのは、神話では、神々は一人の人間の中の、様々な星座、惑星を意味します。それらへの無償の奉仕、要するに努力や知恵を意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あーそういえば、タロットの「星」でも、水瓶の中身は「神酒(ネクター)」で、無償の愛を意味するって言ってたね。水じゃないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 詳しくはこちら~☆

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ガニメデスの無償の奉仕、周囲を考える気持ち、それは、みずがめ座の改革能力を生かす意味でも最も良いでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 自分の為にもだね、でも実際にそんなに知らない人のために頑張る状況って無いよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain いや、そんなに全世界、全宇宙とかじゃなくて、家族や、会社、ご友人とかで十分でしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain で、ガニメデスは、それが出来たから星座になったわけだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そういうことです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain ちなみに、みずがめ座は、バビロニアの頃には「大星」などとも呼ばれていました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain おー、タロットの「星」はそこと一致するのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain あなたにも、みずがめ座があるかもしれません、チェック。

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170508223233j:plain

カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「神話」や「みずがめ座」の記事もごらん下さい~☆