かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

太陽 新時代 ニーチェの「超人」と太陽風 太陽のカード

f:id:KAERUSAN:20170504233426j:plain

 

「太陽」

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain こんにちは、かえるさんです。今回はタロットカードの「太陽」です。ホロスコープの太陽のカードですから、性格分析に役に立つお話です。西洋占星術のファンの方もぜひごらん下さい~☆ 

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 今回は「太陽」で太陽のカードなんだね、判りやすいね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうですね。「太陽」のカードを考える時は、カードの並び順を考える必要があります。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain カードの順番?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうです、ちなみに、今回このブログでは「トートのタロット」の順番を採用しております。デザインもステキで、一般の方にも人気の有るカードなのですが、プロや専門家はカードの順番や解釈が自分の考え、哲学に一致したものを使っていると思います。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain このブログのタロットのイラストの元にしたカードは一番有名な「アルバート・ウェイトタロット」のものを採用して、パロディ化しております。理由は有名だからです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain タロットはみんな違うんだね。だから、カードの名前がいくつもあったりするのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうですね、カードの名前、順番、象徴も違います、象徴はウェイトのタロットでは、「皇帝」が「窓」で、「星」が「釣り針」です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain じゃあ、ウエイトのタロットを使っている人は、その方がカードの意味が正しいと思ってるんだ、全体の調和もそうであるべきだ、ってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そういうことになりますね。ただ、人それぞれで、お客さんに判り易いために有名な方を使っているかもしれませんし、かえるさんとは違う哲学をもっているかもしれません。その点は正直、別に対立しているわけではありませんから。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain してないんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain だって、生命の樹の解釈は、厳密には全員違いますよ、そのたび争うなんて考えられません。むしろ、自分と違う視点が聞けたら嬉しいでしょ。細かい部分ではそういう違いがあっても、大筋はタロットの解釈は一緒ですから。

 

*生命の樹 タロットを行う人の必須の図形、星座とカードの関係が記されていて、占い師が自分の全ての鑑定と人生の中で、全ての出来事をその図形にファイリングしていくことで資料として向上していく図形。西洋占星術師にも有益であるが、一般の方は気にしなくていいです。

 

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain さてタロットの「太陽」ですが「月」という暗い夜を越えた後の「太陽」と言うことは大きな意味を持っています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain そうか、太陽だって日の出と落陽じゃ違うよね。開放感いっぱいの「太陽」なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうです、そのイメージは重要です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain じゃあ、楽しい明るい「太陽」!いいカードってこと?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そういうカードはありません、夜明けの力強い「太陽」そのメリット、デメリットを考えていきます。

 

ニーチェ的な超人

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 「月」の暗い夜が開けて、明るく力強い「太陽」が輝く、そして次のカードは「永劫(審判)」それは、新しい時代を意味します。大きな変化です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain なるほど、その変化、って言うキーワードが非常に重要なわけだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 「永劫(審判)」は、この世の終わり、そして選ばれた人のみが復活する、と言うようなカードです。「審判」と言う名前だとそういう意味が強いです。「永劫」だと時代の変化の意味合いが強いので、かえるさん的には「永劫」の方がカード名として適切だと考えています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 新しい時代に備え、輝く「太陽」から生まれる命、と言う意味で、ニーチェの言う「超人」のようなイメージですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain 今までの時代や常識にとらわれない、新しい自分、みたいな感じかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そうですね「太陽」ですから、自分の欲望にフォーカスされますので、そういうイメージはいいですね。自分の気持ちを実現したい気持ちの盛り上がりをイメージしますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain クリエイトなイメージでないと次の新時代につながりませんからね。成功か失敗かは別として、自分を信じてこそ行えること、というようなイメージが浮かび上がってきますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain ニーチェの「超人」も、そんなイメージなの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain ニーチェは19世紀後半のドイツの哲学者です。戦争は総力戦になっていき産業の発展によって、人間が圧迫されていると感じる人の多い時代だからこそ自分の気持ちを強く信じる「超人」という発想が出てきたとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain うーむ、今もテクノロジーの進化で人間の仕事が減っていくとか言われているし、なんか身につまされるね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そういう時にこそ「太陽」は強く動き出すんですよ。西洋占星術の星座や惑星は圧迫された時ほど強く動こうとするんです。それは個人の単位でも同じことです。

 

太陽風と地球

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain とは言え「太陽」は内なる欲望、渇望を表します「太陽」の恵みは、光と熱ですが、たいへん危険な太陽風が出ています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 太陽は恒星だから高温で電離したプラズマが出てるんだよね、危険だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain そうですね、しかし地球には磁場があるから守られているんですよね。この地球の磁場が重要なんですよね。占い的に言えば「太陽」の言いなりになることと自分の気持ちを実現することは違いますね。上手にコントロールする必要があります。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 666の獣だね、太陽の「欲望」は強力、だからこそ新しい何かを実現できる、でも際限の無い欲望や、現実を無視した欲望は、自らを滅ぼす、って話だね。

 

www.kaerusan01.com

 

「太陽」の意味

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 以上の意味を踏まえたうえで、開放、変化、成長、突然の終了、大勝利、回復などのキーワードが上手く行く時と上手く行かない時をイメージしてみてください。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 重要な決意の時をイメージするね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain 大きな変化、と言うことは絶対、確実を望めば動けません、信じられるのは自分ですよね、そんなイメージですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 星座占いでも「太陽」はやっぱり重要な惑星なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 星占いで使っている星座は「太陽」の星座です、「太陽」以外の星座はまた別にあります、こちらからカンタンに調べられますのでぜひごらん下さい~☆

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170508223233j:plain

f:id:KAERUSAN:20170503130628g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ「タロット」の他のページもごらん下さい~☆