読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

広告

女教皇 月 無意識を「月」と「かに座」から考える

f:id:KAERUSAN:20170318185145j:plain

 

「無意識」

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain こんにちは、かえるさんです。今回はタロットカードの「女教皇」です。ホロスコープで性格分析をする時にイメージをつかむのためにも役に立ちますので、ぜひごらん下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 「女教皇」は、番号は2で、ホロスコープの惑星「月」のカードです。よって無意識、かに座も意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 無意識、って何だろう?を考えるカードかな?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そういう面も強いです。イメージとしては無意識と言うと、どんなものでしょう?

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 今までの話だと、一番考えるコストなどが少ない思考ルートって話をしたことがあったね。一番慣れている考え方とも言えるね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そういう話をしましたね。だとすると一番加工されていない考え方とも言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain そうだよね、パッと浮かんだ考えを、全て使うんじゃなくて、時と場合によって、調整して実行に移すよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そうですね、それが、友達だったり、恋人だったり、仕事の関係者などで、さまざまな加工がされますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181759g:plain じゃあ、その大元が無意識なの?!

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 大変近いのですが、そうではありません、我々が認識する時には、すでにある程度加工されていると考えます。我々が自分の考えを理解するとき、言葉にしますよね、その時点で星座の影響は受けているでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 占いに詳しい方なら知っている図形で「生命の樹」というものがありまして、その図形では、全くの無、源、と、美、理想の部分をつなぐカードがこのカードなのです。

 

*生命の樹 タロットを行う人の必須の図形、星座とカードの関係が記されていて、占い師が自分の全ての鑑定と人生の中で、全ての出来事をその図形にファイリングしていくことで資料として向上していく図形。西洋占星術師にも有益であるが、一般の方は気にしなくていいです。
 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain 全くの無から、理想をつなぐ道が、このカードってことは無意識はその途中の過程ってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain まあ、この辺のことは普通の占い愛好家の方なら気にしなくて結構です。ただ無を理解するには、無の周辺を研究しようと言う姿勢ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 実際には、脳や、体内の微生物や分泌物の影響などが、性格・行動などに大きく影響していると考えられますので、最終的には、物理学、化学、医学の発達を待つことになるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain 人間の気持ちはそういうことに影響を受けているのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そうですね、実際に、上手くいかないことがあると八つ当たりしたり、おなかが減ってイライラしたり、低気圧の時は不機嫌、不安になりやすい、部分はありますね、影響の大きさは、個人差がありますけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 生命の樹の話は?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 全くの無、源、と言うことは、全くの無ではないと言うことですよね。何か生まれて来るんだから。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain これは宇宙論と一緒で一番初めは?と問うと、最初には何も無い、と名づけざるを得ません、でないと最初の話にならないからです。そういう少々哲学的な話なので、機会があればまたいつか。

 

広告

 

 

 

「駱駝」

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain このカードの象徴は「駱駝(らくだ)」です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain あの背中にコブのある、ラクダ?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうです、砂漠を渡る時の乗り物ですね。何も無い砂漠を渡るイメージが、先ほど言った、無から理想への道のりを重ねたわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 砂漠を渡る、と言うことは、旅、や貿易のイメージかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain その通りです。ラクダは厳しい旅を乗り越えるために背中のコブに脂肪を蓄えています、これは逆に助けの無い状況を意味しています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 一人でじっくり考えるイメージか、ものごとの初めのイメージは「愚者」も似ていると思ったけど、その意味では、こっちの方が内的なカードなんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 自分の胸に聞く、ってやつですね。

 

かに座的な、カラを破る意味

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain 月のカードなので、かに座的な側面も持っています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain かに座のカニは、神話のキャラクターです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain へーそうなんだ。どんなキャラなの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain ヘラクレスと、ヒドラが戦う時に、横でヒドラと一緒に戦った、カニです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain なんかチョイ役っぽいな。しかも有名なヘラクレスの敵の方なんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain ヘラクレスの足をはさみで挟もうとしたのですが、ヘラクレスにかわされて、カニは踏まれて死んでしまいました。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181759g:plain えー!!

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain いやいや、神話では死んでしまうのは、成長を意味しますから、そして、そのカニは、その後星座になってますからね、ちなみにヘラクレスのジャマをさせるために、このカニを送ったのは、月の女神、ヘラです。夫のゼウスの子供であるヘラクレスを憎んでいました。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain これは言い換えると、無意識のカラを打ち破った話とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain ああ、だから星座になったのか。ゼウスの息子ってことは木星とか、いて座って考えていいの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain おおー、いいですね!その通りです!、この話が言いたいのは、無意識は人間性として出た場合、過保護に出てしまう場合があります、それを乗り越えるのは、木星的楽観主義なんですよ。だから、神話では、ゼウスとヘラは夫婦ですが、とっても仲が悪いんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181759g:plain 逆に言うと、だから、仲が悪いけど夫婦なんだ!!セットなんだ!

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain でも、もちろん逆の意味もあります、木星は楽観しやすい惑星なので、それを抑えるのは、無意識でもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain 自分の胸に聞くってことだ。だから、大丈夫かな、って思うとき内省的になるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain と、考えると、カニのカラは、自分を守るカラであり、同時に自分の成長を妨げるカベになる時もある、というお話でした。

 

「女教皇」の意味

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そういう意味合いを全て含めて、自分の内面に耳を傾けると言うような意味がこのカードにはあります。そこから考えて、瞑想、自分のカラを破る、変化、成長と言う意味で、理解などと言うキーワードも出てきます。

 

星占いで使っている星座は「太陽」の星座です、「月」の星座は別にあります、こちらからカンタンに調べられますのでぜひごらん下さい~☆

www.kaerusan01.com

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plainプライバシーポリシー

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plainお問い合わせフォーム

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plainかえるさんとにわとりさん「四字熟語」

f:id:KAERUSAN:20161126211425g:plainかえるさん ブログ・自己紹介・メール占い(FC2)