かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

リラックスと向学心・好奇心「格式」「木星」

f:id:KAERUSAN:20170706183411j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「木星」の格式のお話です。癒しの惑星「木星」が動きやすい星座と動きにくい星座があります、ホロスコープで性格を分析する為に役に立つ話ですのでぜひごらん下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 「木星」という、癒しの惑星と、どう影響するかを知ることで、星座の意味を深く知ることが出来ます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain いつもの星占いの星座は「太陽」の星座です、今回は「木星」の星座ですので、自分の「木星」の星座をご存じない方は、こちらをごらん下さい。無料で登録、ログイン等全く不要ですのでぜひどうぞ。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170708220500g:plain 星座はひとりに1つではない、くわしくはこちら~☆

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170512175809g:plain ゆる~い、ユル~イイメージだね「木星」。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain あはは。そうですね、癒しの惑星ですから、でも、木星は考える星座でもあります。哲学の星座いて座の支配星ですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain そこが少し判りにくいね、ちょっと説明してよ。

 

 

「木星」どんな惑星

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 考える星座、というと、風の星座、ふたご座、てんびん座、みずがめ座。そして、おとめ座、いて座、やぎ座という所でしょうか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 話は判るけど、何が違うのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain スゴーくカンタンに言えば、頭の使い方は、ふたご座は、その場のこと、好奇心、てんびん座は、量る、比べる、計算、みずがめ座は、問題解決、おとめ座は、判らないことを明確にする、やぎ座は、目的達成の方法。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain そして、いて座は、こんなんだったら面白いなー、みたいな感じです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain ゆるっ!!!それって考えてるの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 新しいものって、そうやって生まれるんじゃないですかね、そういう意味ではクリエイティブさが強いのは、いて座と、みずがめ座ですね、でも、考えることからは色々な可能性が生まれますよね、研究分析は、おとめ座が素晴しいですし、システム構築には、てんびん座の能力も光りますよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 今出てこなかった星座も、上記の星座と結びつくことで、すごい成果を出すこともある訳だしね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain おひつじ座で、てんびん座のスピードアップとかスゴイですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain いて座は、楽しい未来を思い描くので、可能性や癒しを感じることが出来ます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain そればっかりだと、ゆるいな、甘いな、ってなるけど、やっぱり一年中ギスギスしてるのも体に悪いよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そうですね。

 

「木星」「盛」「興」

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 「木星」は、いて座と、うお座で「盛」です。長所が目立ちます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain 優しそうな星座が合うんだな、やっぱり。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain いて座は、いて座の哲学性が高まって、思考が建設的な方に行きやすいと言えます、教養を持つとより良いですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 本当の、いて座らしさ、って、そういう感じか、いいね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain 本当に頭のいい星座ですよ、ただ、結果にならないと、何をやってるか、何を考えてるか判りにくい星座なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181413g:plain 頭いいって言っても、何だかんだ言って結果しか周りには見えないもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182529g:plain いて座は、好奇心を教養につなげるか、気が散ってる感じになるか、ここが大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain うお座は、優しい、ユルさNO1星座だと思うけど、ゆるすぎないの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511191135g:plain ゆるすぎ注意です。でも、人から愛される、うお座と言えます。だらしないことも、優しさゆえ、自分のことを忘れませんように。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 「木星」が、かに座だと「興」影響が大きくなります。かに座の心配性がいい具合になって、家庭や周囲を労われる、かに座になるといいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain かに座らしい、かに座だね。まあ、口うるさい人も多いけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170706211317j:plain

 

「木星」「敗」「衰」

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 「木星」は、ふたご座と、おとめ座で「敗」です。欠点が目立つ、と言うのが「敗」ですが、そうとも言い切れないのが実際の所です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ふたご座、好奇心が行き過ぎて、落ち着きの無い感じになれば、まさに「敗」と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain でも、思考能力と探究心を上手く使えば向上が見込めます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain おとめ座の集中して深く考える能力と相反すると言える「木星」でも、ナットクしないと動けない、おとめ座にとって、良い中和になることもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 人間の幅が広がるとも言えるのか。結局、結果論だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain 思考の選択肢が増えることを上手く使いたいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain 「木星」が、やぎ座で「衰」です、影響が弱まります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain ガッチリ、コツコツの、やぎ座と「木星」は正反対だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 木星らしい木星になるより、気が散りやすい、やぎ座だね、って感じですかね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain うーむ、良いの?悪いの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 考え方によっては、癒し、肯定的な「木星」が、やぎ座ってことは、「木星」が無いようなものですから、頑張って目標に向かうのが癒し、ってことですからね。良いとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あー、でも、心が疲れた時難しいね。リラックス法を良く考えたいね。

 

f:id:KAERUSAN:20170706185249g:plain 今回話しに上がらなかった星座には特別な影響はありません、そのまま普通です。

 

f:id:KAERUSAN:20170614235150j:plain

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「各星座」や「惑星格式」もごらん下さい~☆