かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

戦の神「火星」 おひつじ座と、さそり座の分離 支配星

f:id:KAERUSAN:20170531232201j:plain

 

「火星」「冥王星」

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は支配星のお話です。昔の「火星」は、おひつじ座と、さそり座の支配星でした、しかし「冥王星」の発見により、さそり座は、火星から分離されました。それに、まつわるお話をしたいと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 支配星についてはこちら~☆

 

www.kaerusan01.com

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 「冥王星」はいつ発見されたの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 1930年です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 結構新しい話だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain そうですね「火星」の神話の神様は「アレス」です。ハッキリ言って戦争の神様です。そして、かっこいい話はありません。気が短く、頭も良くないので、だいたい負けます、ヘラクレスなどにも負けていますし、神様なのに人間にも負けます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain えー!なんか、さびしいじゃん!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 正直に言うと、ギリシャでは戦争の神って受けが悪かったようです。その点では、ローマ神話では、マーズとして結構人気の神様です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 古代ローマは戦争のイメージ強いね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ギリシャ神話では、アレスは軍神とは言え、軍事的にも知略のある女神アテナなどの下のイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain  もうただの暴れん坊だ!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain おひつじ座、さそり座の悪い面を強調したお話が多いです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あせったり、短気なのは良くないよ、ってことだね。どっちも血の気の多い星座なのは確かだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain まあ、そういうイメージです。とは言え、昔は軍事で征服する、こと、要するにやっつけることと支配することが同一でしたが、やはりそれは1930年以降には合わないと言うことなんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain 1930年ごろといえば、ドイツが国家社会主義労働者党のころだ!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 略してナチスですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain まさに軍による支配と世界との戦いの時代だ!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain そして、戦後も多くの国が独立の為に戦いました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181413g:plain 植民地時代の終焉だね。確かに時代が変わって行ってる。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そして、ナチスは民主主義から出てきたことも忘れてはいけません。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain そうか、ヒトラーは選挙で出てきたんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182529g:plain そして、気付いたら首相と大統領を兼任し総統となったのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain そうか、支配の方法が変わったんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そういう意味で、おひつじ座と、さそり座の分離は世界の状況に合っていると言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain 戦いの「おひつじ座」と、支配の「さそり座」に分かれたわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 今でも「火星」は、さそり座の副星として影響を残しております。

 

二つの星座の「支配星」

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 現在では「水星」と「金星」が2つの星座の「支配星」であります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain それは、どうなの?いつか分離されるの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 正直、候補の星って言うのはあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain じゃあ、惑星が見つかり次第、変わるの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain まだ見つかっていない候補や、すでに見つかっている候補もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain でも、決定していないんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そうですね、例えば「水星」なら、おうし座と、てんびん座です。「金星」は、楽しみの星座ですから、楽しみに、てんびん座の論理と、おうし座の感覚、両方切り離せないんじゃないですかね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あー、確かに。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 仮にバーチャルリアリティの技術などがもっと進んだり、疑似体験と同時に脳に直接、快感物質を送り込むようなものが出来れば、感覚は切り離せるかもしれませんが、そんなことをしたら、もう現実の世界に戻って来れませんよ。疑似体験さえ不要になってしまうでしょうし。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain そうなって欲しい、とは思わないな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 言いかえれば、勉強ばっかりしている学者なんかは近い状態ですけど。学習の時に出る脳内快感物質は多いですから。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain でも、実体験無しで、実体験以上の経験が出来ちゃうのはねぇ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 倫理的にも難しいでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 「水星」は好奇心、コミュニケーションを意味します。神話の神様では、ヘルメスです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 「水星」の、ふたご座、おとめ座は、興味を持って学ぶ意味で共通していますが、ふたご座は肯定的、おとめ座は否定的な特徴があります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain だから自然に、ふたご座は楽しいこと、おとめ座は一点集中の研究になりやすいんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そして、勉強の末に、結論、哲学、などが生まれ、いて座的な方向にたどり着きます。ですから、神話でも「木星」「いて座」的な、ゼウスとヘルメスは大変親しいのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain その、ふたご座と、おとめ座が分かれる必要のある状態と考えると難しいな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そうなんです、研究の始めは、やはり好奇心なんですよね。学ぶうちに、研究するうちに、ふたご座的、おとめ座的に分かれていくのは確かですが、線引きが必要、または別のものと考えるようにならなければ、分離は必要ないといえます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain じゃあ、逆に言うと、今の人類の価値観から考えると、今のままで自然だ、と言えるわけか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そういうことです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain あなたにも、おひつじ座と、さそり座があるかも、チェック~☆

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170508223233j:plain

カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「神話」や「各星座」の記事もごらん下さい~☆