かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

ホロスコープの物語を読み取る 図解 西洋占星術 基礎

f:id:KAERUSAN:20170730175344j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain こんにちは、かえるさんです。今回はホロスコープの読み方のイメージのお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232547g:plain ホロスコープは、たくさんの「惑星」がどの星座にあるかを示した図だね、こちらから無料で、登録やログインなど不要で作れます~☆

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170614232912g:plain でも、普通の星占いは「太陽」の星座だけで占うから、細かいことは判らないけど、判りやすいよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232912g:plain たくさんの星座については、こちらをごらん下さい~☆

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170614232912g:plain 星座の意味が矛盾しちゃったりして、良く判らないんだよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain いやいや、むしろその矛盾が判るのがホロスコープの素晴らしい所なんです!人間の性格には矛盾点が有るものです、そこを何とかしたくて悩むのですが、なんともしないでいいや、または、使い道を修正出来れば多くの場合ラクになります。

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain 今回は、そんな、ホロスコープのストーリーを読み取るお話です。本格的な星占い、西洋占星術をお楽しみください~☆

 

 

とりあえず「太陽」と「月」の星座をみる

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain とりあえず、星占いで使っている星座をみます。「太陽」の星座をみると、何をすれば、人生に充実感を感じるかが判ります。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232547g:plain 人生の充実ポイントが判るから、そこに向かっていくはずだ、と言うことで性格や考え方、行動が見えてくるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232621g:plain 逆に言うと、充実感を感じられない人は、自分の「太陽」の星座を良く知って、意識して行動すれば良いわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232912g:plain カンタンに言うと、「太陽」は人生の達成感、充実感なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain こんな例えが出来ます。

f:id:KAERUSAN:20170730185720j:plain

f:id:KAERUSAN:20170614232912g:plain 「太陽」は行きたい場所だから、目標、その意味では「月」は、無意識だから、今の気分、気持ちと言えるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain そうです、無意識である「月」の星座を上手に使って満足させないと、目標に向かえません。無意識が満たされないと落ち着きませんからね。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232912g:plain 無意識が満たされるってどんな感じかな?

 

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain 安心出来るってことです、だから違和感無くがんばれますね、「太陽」の達成にも近づきますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232912g:plain 安心出来れば、落ち着けるから、目標に向かってがんばりやすいね。じゃあ「月」の星座をみて、自分の無意識がどんな状況で、違和感無く安心出来るかを知るのは大切だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170614232740g:plain なんとなく、落ち着かない、もやもやっとする、そんな人は「月」の星座をチェックしてよく考えてください。

 

そわそわするのは

f:id:KAERUSAN:20170730214956j:plain

 「月」の星座をチェック

 

「水星」「金星」「火星」

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 「太陽」が目標、「月」が安心、落ち着く状況なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain そうです、だから良く使うモード、星座になるわけです、ですから、その星座的な能力も身につきます、

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 早い話がコレが才能のようなものになります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 気付かないうちに鍛えられているってことか。なるほど。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 「水星」は、コミュニケーション、好奇心ですから、情報収集、伝達のモードがわかります。

 

興味を持てること

f:id:KAERUSAN:20170730215145j:plain

「水星」をチェックしてみましょう

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain これで「太陽」が、コツコツまじめな「やぎ座」で、「水星」が、みんなで楽しく「ふたご座」だったら、どうなっちゃうのさ?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain チグハグした感じになるでしょうね。結果が欲しい「やぎ座」に対し、「ふたご座」で、みんなと遊んじゃう人はイライラするけど、どうしていいか判らなくなります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain でも、その矛盾は「ふたご座」の使い方が間違っていることを自覚して、結果を出す為のネットワーク作りに使えば解消できます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 矛盾を解消する為に自分の星座をチェックするのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain 矛盾の起こらないストーリーを組み立てるのがホロスコープの役目でもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain あと、全部完全に矛盾の無いストーリーにならなくてもいいんです、むしろ、仕事はこっち、この星座は趣味で消化しよう、みたいに自分でデザインしましょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain 「金星」の星座は、楽しみや恋愛の方向を示します。

 

人生には楽しみ、潤いも必要です。

f:id:KAERUSAN:20170730215313j:plain

「金星」の星座が使えているかチェック

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain これさ「太陽」が、コツコツ堅実な「やぎ座」で、「金星」が、損得より自由な「みずがめ座」とかだったら、自分は堅実でいたいのに、自由なアウトローを好きになったら困るじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 困るんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain やっぱ、困っちゃうのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain でも、自覚していれば、コントロールは可能ですからね。自覚しないと抜けようが無いですから。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 「火星」の星座は、活力、元気の出る行為につながります。

 

活力、元気が出る行動は

f:id:KAERUSAN:20170730215507j:plain

「火星」の星座らしいことをしましょう!

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 「太陽」が、じっくり考えたい「おとめ座」で、「火星」が、みんなと一緒に居たい「ふたご座」だったら、困るじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 困ります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain やっぱ、困るのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain でも、自覚して、充実感は集中して何か作業をしたり研究することで得て、気分転換に、みんなと楽しむ感じになれればいいんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 自覚していないと、どっちが本当の自分だ!?ってなりがちなんですけど、本当とかありませんから。両方上手にカバー出来るストーリーを組み立てる必要があります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain うーむ、なるほど。

 

「木星」「土星」

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 「木星」の星座は、癒しのキーワードになりますから、疲れたときは特に意識してください。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 自分が妙に攻撃的になったり、悲観的になったら「木星」の星座的な行動をとることをオススメします。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 「木星」がコツコツがんばる「やぎ座」だったら、コツコツがんばると癒されるの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 癒されている、とは判りにくいですが、そういうことです、物事が上手くいくことで癒されるような感じです、ハッキリ言って「木星」を使いにくい人であることは確かです、とにかく結果を出したり、成功することがある程度、癒しになると言うことですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain そういうことは、カテゴリー(スマホは画面下のほうです)「惑星格式」をごらん下さい。惑星の働きやすい星座が出ています。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 「土星」は、その人が出来ると、きちんとしているな、と思えること、受け入れられないうちはキライと感じることかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 持っている力、というより、手に入れるべき力、と言った所だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain こんな感じで、実際の自分とホロスコープを比べながら人生設計をしていくわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain ちょっと普通の占いとは違うよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain その通りです、楽しむための占い、星占いとは違う、西洋占星術をぜひ実用してお役立ていただければ幸いです。高い的中率も西洋占星術の特徴ですが、当たって喜ぶ占いではなく、人生を改善、充実したものにしてこそ西洋占星術と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170614235150j:plain

f:id:KAERUSAN:20170614233345g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「占いのお話」や「各星座」もごらん下さい~☆