かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

隠者 全ての源 事実を分析する探求者 おとめ座のカード

f:id:KAERUSAN:20170503160336j:plain

 

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain こんにちは、かえるさんです。今回はタロットカードの「隠者」のお話です、ホロスコープで性格を分析するためにも役に立つお話ですのでぜひごらん下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 「隠者」は、おとめ座のカードだね、隠者とおとめ、ってイメージがかなり違うけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 「隠者」は、雑念を払い、集中するさまを世間から離れた「隠者」と表した名前と言えます。「おとめ」は、雑念を払い、集中するさまを、けがれなき「おとめ」と表した名前です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain そう考えると同じ意味なんだ。

 

「手」

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain このカードの象徴は「手」です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 「手」?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain モノを生み出す、ということです。作業なども意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そして、目をつぶって、指先に神経を集中すると、ほんのわずかなキズや、へこみ等を感じることが出来ますね。この感じも、おとめ座、隠者的です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain あーなるほど。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain 指の神経は人体の中でも特に発達しています、これは対象と一体になるかのような集中力のすごさを意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain だから、あえて「手」なんだ、目的のために、ものすごく発達しているんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そして、いつもこのブログで出てくる「カードの象徴」と言うのは、タロットのお好きな方はご存知でしょうが、ヘブライレターと言いまして、タロットの大アルカナ(愚者や、隠者などのカード)には一文字づつ、ヘブライ文字が当てられています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain その文字の意味が、象徴、カードの意味になるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180108g:plain そうです、その象徴の文字から発想出来る言葉全てがそのカードの意味とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain それでこのカードのヘブライレターは「ヨッド」という文字なのですが、これは一神教の神の名前「ヤハウェ」「エホバ」の頭文字なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181759g:plain おー、一神教の神様の名前の頭文字なんだ!なんかすごそう!

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain おとめ座の姿勢は、事実を見ることです、そこから考えて結果を出します。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain それって、みんなそうじゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain そんなことありません。例えば実験をするときには、ある程度結果を予想してするものです。そして結果をそこに合わせようとしてしまうものです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain ああ、たしかに仮説を証明する為に実験する、って言う所あるよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 例えば、遺伝学で有名なメンデルなども、実際にかなりデータの改ざんがあるそうです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain まあ、そんなもんだよね。どうせ合ってるんだから、さっさと実験したことにしちゃお、みたいな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain でも、現実に何かが生まれる時には、事実のみ、物理法則のみで、ものごとは始まり完成していきます。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain ああ、以前に、神は全ての創造主なら、物理法則=神、と言えるって言っていたね、その意味で、ものごとを生み出すのは、事実、現実の組み合わせのみ、ってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうですね、どんなに努力してもダメなものはダメですよね。事実あるのみです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain その意味で、おとめ座的なものに対する姿勢を表しています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain なんか、かっこいいじゃん、ずるいな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain でも、物理法則や自然は現実のみで、ダメなものはダメだし、あくまでもマイペースです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain その、思考中の姿勢、は周りの空気を読むことはあまりしません、どうやったらキチンと出来るか、に集中しています。その姿勢は、おとめ座的です。とは言え、おとめ座100%の人はいませんから、おとめ座がある人が空気を読まない、と言う意味ではありません。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain ただ、おとめ座的な、ものごとに対する姿勢はそういうことか。何かをするときには、じっくり対象に向かい合うんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうです、それが「手」の意味です。

 

「おとめ座」と「さそり座」のマーク 

f:id:KAERUSAN:20170327194451j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain さそり座と、おとめ座のマークって似てるよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 大変関連が深いですからね。蛇をあらわします。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain そうなんだ、何が関連してるの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain おとめ座は「水星」と関連深い星座です。水星は神話ではヘルメス、情報伝達の神でもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 以前「冥王星」で出てきた、神話、オルフェオとエウリディーチェで、オルフェオを、冥府(死の世界)に案内したのは、ヘルメスです、オペラなどではキューピットなどの姿で描かれたりします。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain そうか情報によってつながる、と考えれば、「水星」のふたご座、おとめ座、両方大切なんだね。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そして「生命の樹」では「隠者」は、美(理想)と、慈悲をつなぐ場所のカードです。慈悲は「木星」(神話では全能の神ゼウス)を意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 神話では良くゼウスのそばにいてゼウスに色々頼まれているよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 顔が広いんです、そして冥府の王とも親しい。だから冥府の案内が出来るんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 冥府は、生と死をつかさどる場所です、それは、成長も表します。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 神話で死ぬのは、生まれ変わり、成長を表すって言ってたね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そう考えると、ものを生み出す、ことも似ていると言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 対象との接し方が似ているんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain さそり座は感情的に、おとめ座は物質的、現実的に、でもやっていることは似ているとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain でも、おとめ座って、自分の世界に入る、とか、空気をあまり読まない、とかいうけど、結構、親切な人が多いイメージなんで少し違和感あったけど、慈悲と美をつなぐ場所って聞くと、そういうところも表現されているんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 美は、神話だと太陽神アポロン、慈悲は、神話だと全能の神ゼウス(肯定的、木星)ですからね、そこをつないでいるのが、「水星(ふたご座、おとめ座)」のヘルメスです。ちなみに有名なヘルメスの持ち物「カドゥーケスの杖」は蛇がデザインされています。「蛇」には「欲望」「知恵」の意味があります。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain そのヘルメスの顔の広さは、すなわち「情報」って意味なんだね。だから、神々はなんでもヘルメスに頼むんだ。何かをしたいと思う気持ち「太陽」「木星」を目標と考えたら、手段には、コミュニケーションと情報「水星」が大切ってことだ、自分のホロスコープを読む時にも使える考え方だね。

 

「隠者」の意味

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain このカードの意味は、孤高、思考、沈黙、引退、内省、などを意味します。現実的な改良の必要なども含みますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain やっぱり、おとめ座的なキーワードが並ぶね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain また、それらや「現実」を誤解しているのではないか?と言うような疑問を投げかけている意味もあるでしょう。

 

人の星座はひとりにひとつではありません、あなたにも「おとめ座」があるかもしれません、こちらのページから調べられますのでぜひごらん下さい~☆

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170508152157j:plain

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ、おとめ座の他のページもごらん下さい~☆