かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

「運命」タロットで知る「木星」 運命の車輪は回る?

f:id:KAERUSAN:20180222173424j:plain

 

Ⅹ「運命」

  • 寛容性、拡大
  • ユルさ、不活発

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「木星」を生命の樹、タロットを通して考えます。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182322g:plain 「木星」は、いいなー、たのしいなー、やってみたいなー、やってみよう、みたいな感じの「惑星」だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain そうですね、出来なくても「運が悪かったー、まあ、いいやー」みたいなユルめの惑星ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain 勢いのある時は、挑戦したい、でも上手くいかない時は、まあ、いいや、となりやすいので、使い方に注意です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain 厳しさ、これじゃダメだ。と言う「土星」とのバランスが大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain どっちにしても偏っては良くないね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain そうですね、しかし、実際には偏りがちなものです。自分を癒す「木星」と、自分を律する「土星」の星座をホロスコープを観て自覚しておくと良いでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182322g:plain で、今回は「木星」のお話ですな。

 

 

運命の車輪

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 「運命の車輪」の名前の方が有名だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain そうですね、ただなんとなく、重苦しい宿命のようなイメージを持ちやすいので、適切な名前なのか、と言うと、どうかなと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain そんなに重くないのね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 極論で言えば、「運」ってことは原因が特定出来ない、ってことですよね。もう1つは自分のせいではない、と言う願望ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain あー、たしかに。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain もちろん、原因を特定するコストに比べて成果が小さい場合、必ず原因を特定する必要は無いでしょう。ここに善悪はありません。

 

f:id:KAERUSAN:20180129120030g:plain ただ、失敗の原因を特定して必要な情報を得るべき時も、運のせいにしがちなのも事実です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 失敗は、もう忘れたいんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 例えば心身ともにボロボロの時には、それも大切ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain はっきり言えば何の努力も勉強もせずに、いつか運が回ってくる、と言う考え方は、今のままでいいや、と言う人には最適です。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain 最適!?運に頼っちゃダメだ!って言うのかと思った。

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain もう、新たな勉強や努力をしないのであれば、いつかやらなきゃ、なんて負担を感じることに何の意味もありません。運で良いじゃないですか。結果は同じなのでエネルギー効率の良いほうで。

 

f:id:KAERUSAN:20180129181946g:plain 現状を変えたければ?

 

f:id:KAERUSAN:20180130170208g:plain 具体的な勉強、努力の行動計画が必要です。人のせいにしている場合じゃありません。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain でも、何かやっていても「運」ってあるでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 生まれた家庭の経済力やDNA的な問題、生まれた場所のようなものは、そう言えるかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain 男運や女運などが悪い、と言うケースは分析してみると、具体的な原因が出てくるのが普通で、運とは言えないでしょうね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 好みのタイプが、結末が不安定、破綻しやすい人、と言うだけなのか、どんな人が相手でも自分がワガママすぎてムリ、と言うことですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129120030g:plain 芸能人を目指しているけど、オーディションも受けないで「出会いが無い」とか言っているような人に限って「運」だと思っているわけですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 自業自得じゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20180130155852g:plain でも、どうせ芸能人になれないんだから、最後までそう思えば良いんじゃないですか。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain ユルいなー。でも、それも生きる智恵かもね。「運」ってそんなもんかもね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 実際には良くならないんでしょうけど、いつか良くなる、って思うだけでもエネルギーの節約になりますよ。いつか良くなる、と信じるから「オレは運が無い」って結果を感じるわけですが、最後まで自分のせいじゃないと思えるのは面白いシステムですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain 「木星」的だな、「運」と言う哲学自体が「木星」的なんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain 「木星」は射手座の支配星です、「哲学」的とも言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20180223173147j:plain

 

「運命」の生命の樹の位置

 

f:id:KAERUSAN:20180223170625j:plain

f:id:KAERUSAN:20180129182121g:plain 「4」と「7」の間の赤線の部分に「運命」が対応します。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain 「4」は「木星」と対応するね。「運命」は、すごく木星的な場所にあるんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182049g:plain そして「7」は楽しみや恋愛の「金星」と対応するね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain すごいユルいね!!緊迫感ゼロだ!!

 

f:id:KAERUSAN:20180129183312g:plain まあ、上手くいかなかったら、運が悪い、自分のせいじゃない!と言うことですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129182931g:plain え、じゃあ、ホロスコープ上で「木星」が強い人は、そうなりやすいのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20180130163353g:plain なりやすいです。努力をしないで、~~だから、~~になったら、~~じゃなかったら、なんていう人は木星が強めな人が多いです。ホロスコープには色々なポイントがありますが、射手座や魚座が「木星」とか、射手座や魚座に、たくさん惑星がある、重要なポイントがある、などなどですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain だめな感じだな。一言で言うとどんな感じ?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183027g:plain 大変なことは後回しで、楽しそうな方や楽そうな方へ引かれやすいと言うことですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain どうすれば良いのよ?

 

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain 好きなことなら頑張れるので、好きなことに、ものすごく没頭して専門家になるなんていうのも手ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183223g:plain ハマッたことは頑張れるのか、でも難しいな。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 趣味で生きるのはカンタンじゃないですからね、人並みじゃなくて、著しく優れていないといけないんで。

 

f:id:KAERUSAN:20180129183155g:plain 「木星」が強いと生きにくいかな?

 

f:id:KAERUSAN:20180129183519g:plain 逆に厳しい現実的な「土星」ばかりでも疲れ切ってしまいます、むしろ「木星」は必要と言えます、深刻に悩めば何でも解決するほど世の中は甘く無いですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20180130162002g:plain たしかに!それは言える。運命の車輪が回っていることにしておこう!

 

f:id:KAERUSAN:20180129185445j:plain

f:id:KAERUSAN:20180129181837g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の惑星や「タロット」の記事もごらん下さい~☆ 自分のたくさんの星座を知りたい場合は「ホロスコープ作成」を是非どうぞ。