かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

アスペクト Aspect 座相って何だろう? 占いえほん

f:id:KAERUSAN:20180825193747j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180724112958g:plain こんにちは、にわとりさんです、今回は「アスペクト」を判りやすく解説いたします~☆

 

f:id:KAERUSAN:20180724112402g:plain いつもの星占いでは星座は1つだけど、本当は人の星座は1人にたくさんあるんだよね、星占いでは生まれた月日だけで星座がわかるから簡単だけど、他の星座はもっとたくさんあるから自分の星座は知らない人が多いよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain そうですね、昔は表を見ながら計算機片手に調べてましたから、大変でした。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain でも今は、コンピューターがやってくれますから、生年月日時、生まれた場所を入力するだけで、あっという間に判りますからね。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain で、今回の「アスペクト」は?

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain 自分の星座を示した図を「ホロスコープ」と言うのですが、そのホロスコープは「360度の円に、12星座(各星座30度づつ)が示してあって、そこに「惑星」と言うポイントが示されています。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain いつもの星占いの星座は「太陽」の星座だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain その他「月」「水星」「金星」「火星」「木星」「土星」などの場所が示されていますので、それが全てその人の星座です。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain その惑星同士の「特定の」角度に意味を求めるのが「アスペクト」だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20180724113103g:plain では、今回は「アスペクト」です~☆

 

 

「惑星」同士の角度

 

f:id:KAERUSAN:20180825195813j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180724112239g:plain 上の図で見ると、赤色のポイントと、橙色のポイントは180度の位置関係だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112239g:plain この場合、牡羊座と天秤座だね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain 180度の関係だと何だって言うの?

 

f:id:KAERUSAN:20180724160911g:plain あんまり気にしなくて良いですが、良くないということになっています。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112402g:plain 牡羊座と天秤座は180度なの?

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain 片方が牡羊座の最初の方の角度で、もう片方が天秤座の最後の方なら、当てはまりません。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112239g:plain ふーん、他の角度もあるの?

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain 他にも0度、惑星が重なっている、と言うことですね。その他は、

 

f:id:KAERUSAN:20180825201608j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain などがあります。

 

f:id:KAERUSAN:20180603155610g:plain 以上のメジャーアスペクトと呼ばれる影響が大きいとされるアスペクトを紹介します。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161411g:plain まずは「合」コンジャクション。ポイント同士の角度が0度です。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161516g:plain 重なっているってことだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161905g:plain お互いのポイントの意味を強めあう、と考えられています。同じ星座にポイントが2つあるのですから強くなるのは当たり前ですね。角度もへったくれも無いでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20180603162123g:plain 「六分」セクスタイル。ポイント同士の角度が60度です。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161905g:plain 調和しやすく、イージーアスペクト、と言われています。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161905g:plain 「矩」スクエア。ポイント同士の角度が90度です。

 

f:id:KAERUSAN:20180603162537g:plain かみ合いにくく、調整が難しい、ハードアスペクトと言われています。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161549g:plain 「三分」トライン。ポイント同士の角度が120度です。

 

f:id:KAERUSAN:20180603162236g:plain 安定した、イージーアスペクトと言われています。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161905g:plain 「衝」オポジション。ポイント同士の角度が180度です。

 

f:id:KAERUSAN:20180603161411g:plain 緊張の、ハードアスペクトと言われています。

 

f:id:KAERUSAN:20180603155443g:plain 以上5つが重要視されるメジャーアスペクトです。これらは影響が大きく8度のオーブ(許容角度)があるとするのが一般的です。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112326g:plain ただ、オーブは占い師によっても違います。

 

f:id:KAERUSAN:20180724113126g:plain ちなみに「アスペクト」は「惑星」同士だけでなく「ASC」「MC」にも適用されます。

 

「惑星」同士の角度いっぱいあったら?

 

f:id:KAERUSAN:20180825202950j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180724112623g:plain じゃあさ、向かって左の赤い所の「惑星」から見たらさ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112402g:plain 青い「惑星」は60度じゃん。良い角度じゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20180724113126g:plain そうですね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112239g:plain 茶色い「惑星」は90度じゃん。悪い角度じゃん。紫の「惑星」は120度じゃん、良い角度じゃん。緑の「惑星」は180度じゃん。悪い角度じゃん。さらに青い「惑星」からも…。

 

f:id:KAERUSAN:20180724203528g:plain こんなんだったら、本当にその通りになるの?

 

f:id:KAERUSAN:20180724113454g:plain …。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112817g:plain なんないですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724203528g:plain なんないの?!

 

f:id:KAERUSAN:20180724112817g:plain 正直言うと、かえるさんは「アスペクト」は見てません。

 

f:id:KAERUSAN:20180724203528g:plain 見てないの!

 

f:id:KAERUSAN:20180724113216g:plain 「アスペクト」は西洋占星術には珍しく「良い」角度とか「悪い」角度って言うんですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112817g:plain 「良い」とか「悪い」って、実際の鑑定の時、何が良いのか、何が悪いのか、定義のしようが無いですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112817g:plain 例えば政治家が汚職して捕まった時、何が良くて何が悪かったか、言い切れないでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112623g:plain 最初から当選しなければ捕まらないで済んだのか、

 

f:id:KAERUSAN:20180724112711g:plain でも落選したら、その時は落選したことが「悪い」と思うでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112817g:plain 「良い」とか「悪い」って言ったら、こういう現実的なことが判らなくなるんですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724113126g:plain ここで性格判断なら「受かったらどうなる」って考えられるんです、それが西洋占星術なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112623g:plain じゃあ、良い角度、とか言っている時点で怪しいのか。

 

f:id:KAERUSAN:20180724113216g:plain 惑星の意味も、星座の意味も関係なく、角度だけで何か意味がある、って確証を得るのも難しいですね。研究のしようもないです。どう考えても例外の無い法則が見つかるとは思えません。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112623g:plain だから、かえるさんは、見ないんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112711g:plain 正直、惑星と星座、ハウス、ホロスコープ全体のイメージとかからその人の考え方をイメージして、状況を聞いて、悩み相談、を受けるんですけど、

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain 「良い」とか「悪い」じゃ、何のアドバイスにもならないですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112623g:plain 惑星、星座、ハウスなどから心の中のイメージをつかむって、難しいな。

 

f:id:KAERUSAN:20180724113126g:plain 正直、プロでも、それが出来ない人もいるので「アスペクト」ってあるみたいなんです。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112623g:plain あー、角度さえ測れば誰でも当たっているかは別として「良い」か「悪い」か判るんだもんね。でも、それじゃあ、プロに頼まなくてもいいね。

 

それでも「アスペクト」を使う

 

f:id:KAERUSAN:20180825211155j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20180724112623g:plain じゃあ、アスペクトは使わなくていい?

 

f:id:KAERUSAN:20180724112711g:plain まあ、それが結論なんですけど、

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain でも、2つの星座が混ざった時どうなるか、と言う考え方で、勉強をする、と言う意味で、初学者が勉強するのに使えば良いんじゃないでしょうか。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain このブログのアスペクトの記事は、そういうスタンスで書いています。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain ちなみにアスペクトがピッタリ60度だと片方が牡羊座なら、もう片方は双子座になります。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112239g:plain そうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112140g:plain でも、オーブ(許容角度)を考えれば、牡羊座の最初と、双子座の最後の方なら、アスペクトは90度になります。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain そう考えると同じ星座の組み合わせのままでも「良い」「悪い」が変わっちゃうんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112015g:plain そういうことも考えつつ、星座が混ざった時、と言う考え方を学んで頂ければよいな、と思います。

 

f:id:KAERUSAN:20180724112116g:plain じゃあ、角度はどうでもいいんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20180724160911g:plain まあ、判りやすくて人気のある考え方なので「良い」「悪い」は、そうかもしれないね、位の感じで見れば良いのではないでしょうか。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20180811004857j:plain

f:id:KAERUSAN:20180724113103g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から「えほん」「アスペクト」の記事もごらん下さい~☆