かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

一体感と寂しさから物思う 最初の3度で蟹座を考える

f:id:KAERUSAN:20191101114822j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain こんにちは、かえるさんです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 今回は蟹座の最初の3度のサビアンだけで蟹座を考えるお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain サビアンはどの星座でも30種類あるけど、たしかに最初の3種類だけでその星座の特徴が判るね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そうです、それが「生命の樹」の「至高の三角形」のイメージです、無意識的な思考の源と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain ですから、結果の当たりはずれではなく「違い」を明確につかめるからこそ、未来予測も的確に行えるのです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain ホロスコープには「価値観、考え方」が直接表れるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そうです、占いで判るのは「出来事をどう感じるのか」であって「何が起こるのか」ではありません。だからこそ本当の意味で「何が起こったのか」が判るのです。

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain その出来事をその人がどう受け取るか、がものごとの本質になるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain そういう事実に目を向けて初めて占いが人生設計のデータとして使えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 「運が良い」というような努力をせずに上手く行く時間帯と言うものはありません。単なる気休めです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain あって欲しいけどね~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain 今回は蟹座の最初の3度のサビアンで蟹座を考えます~☆

 

生命の樹 SephirothicTree ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

サビアン Sabian ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

 

 

f:id:KAERUSAN:20191101122959j:plain

 

蟹座 杯の2「愛」

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain 「愛」って素敵だよね、「愛」ですよ☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain 蟹座の最初の10度の部分がこのカードに対応しています。ですが最初の3度は蟹座全体に大きく影響します。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain 「愛」は一言で言えば「無償の愛」を求める気持ち、と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 素晴らしい!どんどんちょうだい!

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain しかし当然「愛」も「無償の愛」も人それぞれです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain どういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 自己中心的で相手不在な「愛」もありますし、求めるだけの「無償の愛」もありますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain せっかくタダだから求めるよ☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain まあ、相手と関わりたい気持ちが強い、ということ、自分の理想通りの関わり方をしたい、求める、ということですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain でも、見返りを求めず優しい人も多いんだよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そうですね、仲間との一体感を求めますから、損得無しで何かしてあげたい、と思う人も多いと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain では、その内容をサビアンで考えて行きましょう。

 

蟹座1度「船に掲げられた旗」

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain いかにも出港!って感じだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そうですね、船は出港してしまえば、偉い人もそうでない人も運命共同体です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain そうだね、沈んだらみんな大変なことになっちゃう。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain そして「旗」に注目することで、個人ではなくその集団が主役になっているのが判りますね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain なるほど、蟹座的だ。チームなんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain とはいえ「船」ですから、平等ではありません、役目があります。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 蟹座は平等じゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 一体感を強く求めるので、目的をハッキリ持ちやすいです。そうなると役割分担が重要になります、平等ではありません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain 家族や会社や軍隊などのイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain なるほど、だから文句を言わずみんなのために頑張るイメージなんだ!

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain そうです、だからこそ、相手にもそれを求めやすいです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain でも全然言わない人もいるよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 例えば蟹座に「太陽」があっても「月」や「アセンダント」が魚座や双子座かもしれませんよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain そうなると言いたいけど言わないとか、ある日急に爆発するとか、突然消えたりするのか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain まあ、蟹座は力を合わせるイメージでスタートしています、その「表現」は他のポイントなどによって変わります。

 

蟹座2度「広い荒野に吊るされた男」

 

f:id:KAERUSAN:20191102002514j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 普通、吊るさないでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain しかも広い荒野って、寂しいじゃないの。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain そうです、だから寂しいんです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain あ、だからみんなと仲良くしたい気持ちが増大するんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain ですね、だから孤独の寂しさが「強い直感」としてあるのです。恐怖感とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain 身動きも出来ませんし自分を小さな存在に感じることでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 「2度」は「生命の樹」だと「叡智(えいち:コクマー)」か。そこから発想を得るイメージなのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain そうです、しかも「1度」は「船に掲げられた旗」ですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain みんなと一緒に力を合わせるぞ!から始まったのに、何で吊るされちゃったんだろう?

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 気持ちのイメージですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain こういう気持ちがあるから周りの人に一体感を求めたり優しく出来るんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191012160718g:plain 1人で考え直す、という意味も発生します。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plain なるほど、いろんな意味があるのがサビアンだもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain ただ、すごい孤独感ですよね。

 

蟹座3度「毛皮を着た男が毛深い鹿に導かれる」

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain 鹿に導かれる人って?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain 毛皮を着た男は「獣っぽい人」「鹿っぽい人」です。そして「鹿」は獣です。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 要するに本物である「鹿」に「鹿の格好をした人」が付いていく感じです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あ、蟹座が組織に従う感じか。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain そうです、みんなで一体になるには模倣、真似、が必要ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 自分を抑えて鹿になりきっているんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain それが「3度」ですから「生命の樹」では「理解(ビナー)」に対応するわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain 「土星」とも対応しています。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain ですから、なるべきものになりきっている「一体感の蟹座」らしいイメージですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 逆にこの「3度」から「2度」に行く時は、ちょっと自分の世界に入りたいイメージですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あ、「2度」も必ずしも悲しくないんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そうですね、自分の感覚や論理を信じたい気持ちとも言えますね。ただ蟹座の範囲でですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain じゃあ、蟹座っぽくないの?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain いや、「3度」から「2度」は蟹座を考え直したい蟹座とも言えますね。蟹座らしい蟹座のイメージは「3度」だと思いますが、それだけでは上手く行かないこともありますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 例えば、時代や会社の空気などの違いもあるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain そうか、今は怒ったらダメ、みたいな時代だもんね。一体感も求めすぎは上手く行かないよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190802235736j:plain

f:id:KAERUSAN:20190802212727g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「サビアン」「かに座」「タロット 生命の樹」「タロット 数札」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191029185141g:plain *注* サビアンのご質問は基本的に「ココナラ」ではご遠慮ください。