かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

成長と理解を受け入れる 最初の3度で山羊座を考える

f:id:KAERUSAN:20191104182013j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain こんにちは、かえるさんです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 今回は山羊座の最初の3度のサビアンだけで山羊座を考えるお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain 山羊座と言えば、きちんとしてる。頑張るマジメな人のイメージ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain そうですね、そういうイメージでしょう。ただ山羊座100%の人は居ませんし、結果が出せず山羊座に苦しめられる人も少なくありません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 山羊座に苦しめられる?

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 山羊座はやらなくてはいけないことをしているだけで、やりたいことをしているわけではありませんし、

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain だからこそ、やらなくてはいけないことが出来ない時の辛さも大きいです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain どうして?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 頑張った場合、払った犠牲は何だったんだ、となりますし、頑張っていない場合、努力しなかった自分に苦しめられます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 山羊座はきちんとしていてうらやましいけど、楽しそうじゃないんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain 「楽しい」が、どの位役に立つかは難しい問題ですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain そういうのがちょっとね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain それでは、今回は山羊座の最初の3度のサビアンで山羊座を考えます~☆

 

生命の樹 SephirothicTree ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

サビアン Sabian ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

 

f:id:KAERUSAN:20191104182240j:plain

 

山羊座 円盤の2「変化」

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain 山羊座と言えば、安定のイメージ。

 

f:id:KAERUSAN:20191012160718g:plain そうですね、安定のために常に「変化」を求めます。立ち止まることに焦りや恐怖を感じます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 山羊座というと無難、ってイメージもあるね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain まあ、多くの場合そうなりますね。しかし、必ずしもそうとは限りません、山羊座は、安定のため組織やチーム、会社、社会などに着目します。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 山羊座は「三区分」で「活動宮」ですし、行動することはいといませんが、ムダなことがすごく嫌いです、ですから多くの場合、すでにあるやり方を好みます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain それが無難に映るんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain そうです、しかし、山羊座100%の人はいませんし、水瓶座や射手座、牡羊座などが強ければ無難な道を選ぶとは言い切れません。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain やってみたいから、やる、って星座か。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain 山羊座自身がムダではない、と感じられれば挑戦することもありますし、実際、確信があれば大きな力を発揮します。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain そうか、自分や計画を信じることが出来れば、やっぱり山羊座は強いんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そうです「ムダだ」「ムダかも」と思うと簡単に挫折してしまいますけどね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 人生は何があるかは判りません、ですから完全な安定は幻想です、しかし、安定を目指し続け安定を確保することは自分を鍛え、備えることになるのでやはり有益でしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain では、そういう山羊座の目指す安定のイメージをサビアンで考えましょう。

 

山羊座1度「認識を要求するインディアンの酋長」

 

f:id:KAERUSAN:20191104215745j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain お、山羊座っぽくないな、山羊座はネクタイにスーツのイメージだよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 具体的な「会社」のようなイメージもありますが、安定のための手段が「統率された集団」ということです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain その中で酋長になりたいのね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain いや、実際の山羊座の強い人を見ると必ずしもそうではないでしょう、酋長がいるということは、集団であり、リーダーが居る、というイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain なるほど、上下関係のある集団か。下の人でもいいんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 山羊座じゃなくても社会に居れば仕事はどこか雇ってくれるところを探す方が普通だもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain とは言え、自分が一番信用出来る、という人なら独立起業の方が安定感を感じるわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 自信一杯だね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain かえるさんはここに強いポイントがあるので、雇ってもらうことは、ほとんど無いです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain え、会社って、かえるさん1人じゃん。誰に認識を要求してるの?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain お客さんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain こんな山羊座もいるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain あと、酋長はイロイロな優先権がありますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain あ、偉い人だからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain そういうのも含むでしょう。

 

山羊座2度「三つのステンドグラスの窓 爆撃によって破壊された一つの窓」

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain うわー、危なそうな感じだな。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain でも、「2度」ですから「慈悲の柱」に来ています、そこが重要です。

 

f:id:KAERUSAN:20191107120846j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 慈悲感ゼロじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain まあ、山羊座ですから、「慈悲の柱」は、向いていない、とも言えますし、

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain 「ステンドグラス」で連想するのは?

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 教会かな。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain で、その窓に穴が開いたんですから、「峻厳の柱」の「3度」から「慈悲の柱」の「2度」に来た場合「思い込みからの開放」を意味する場合もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain そうか、山羊座はタロットでも「悪魔」と対応するもんね。思い込みからの開放で「慈悲の柱」に来た、とも考えられるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain でも、爆撃って、

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain まあ、山羊座が「慈悲の柱」に来るのは戦争(爆撃:人生の戦い)が必要ということですね。だって安定するなら、社会に入っていく方が現実的でしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain かえるさんに言われてもな。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain ただ「2度」から「3度」の場合、「2度」は「三つのステンドグラスの窓 爆撃によって破壊された一つの窓」ですから、何かを諦めて、犠牲を受け入れ「3度」に向かう、というイメージにもなります。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain おー、山羊座っぽい。その場合は「教会」は自分の気持ち、になるのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain そう言って良いでしょう。もう1つは「酋長」になれなかった辛い気持ちである場合もあります。

 

山羊座3度「成長と理解を受け入れる人間の魂」

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain お、なんかそれっぽいけど、どういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain やることやんないとダメだな、ってことです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 人は頑張りたくないものです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain うん、頑張りたくない。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain しかし、それでは行動も限られ、目標にも近づけません。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain そうだけど…。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain で、そのことを受け入れる、ということです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あ、頑張ることを受け入れるってことね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain すごい山羊座っぽいなー。しかも「土星」的な「3」「理解(ビナー)」だから、そうなるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 受け入れたくないなー。

 

f:id:KAERUSAN:20191004124122g:plain 受け入れたくない!

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 何を力説してるんですか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain でも、山羊座は「酋長」(例えば特権を求めて)になりたい、教会の窓が割れてもガマン、努力で乗り越える。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain ざっと、そんなイメージ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain まあ、だいたいそんなイメージですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190802235736j:plain

f:id:KAERUSAN:20190802212727g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「サビアン」「やぎ座」「タロット 生命の樹」「タロット 数札」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191029185141g:plain *注* サビアンのご質問は基本的に「ココナラ」ではご遠慮ください。