かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

石化した森に思いを馳せる 最初の3度で魚座を考える

f:id:KAERUSAN:20191106121430j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain こんにちは、かえるさんです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 今回は魚座の最初の3度のサビアンだけで魚座を考えるお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain 魚座の人は言い方がいいよね、優しい感じ、ドギツイこと言わないし。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そうですよね、見習いたいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 見習えばいいじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain えー、けっこう見習ってますよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain そうかなー。そうでもないと思うけど。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain それでは、今回はそんな魚座の最初の3度のサビアンで魚座を考えます~☆

 

生命の樹 SephirothicTree ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

サビアン Sabian ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

 

f:id:KAERUSAN:20191106123611j:plain

 

魚座 杯の8「怠惰」

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain 「怠惰」だもんねー。「怠惰」。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 怠け者ってことじゃないですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain じゃあ、どういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 見えちゃうだけです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 見えるのに違うの?

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 違う、とは言い切れませんが、ボーっとしているように見えやすいです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain ボーっとしているように見えるのは、ボーっとしてんじゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain 本人もそう思っていても違うことがあります。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 魚座は自分に対する入力情報を選択することが出来ません。自然に流れ込んできた情報を理解する過程を認識しないで脳で処理します。それは無意識的な理解です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plain いや、もう全然判らなかった。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain 魚座は情報を集めているし分析しています、しかし自分では判りません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 何で判らないのよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 水瓶座の次の星座ですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain 水瓶座の次の星座だから?何で?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain 論理的に自覚したら、それで満足できなくなります。ですから、過程をブラックボックスにして「とにかく満足だ」というイメージこそ魚座的です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain 追求は無意味ということです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain 山羊座から抜け出た水瓶座がかえって「自由」に束縛されてしまったので、考えない、こだわらない、を選択したのが魚座なのです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain ですから、魚座は理解しませんが、きちんと理解しているのです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain だから、考えていても判っていても、魚座には判りません。

 

f:id:KAERUSAN:20191105232029g:plain それが、あたかも「怠惰」に見えるのです。ですから「怠惰」は「魚座に土星」のイメージです、仕事しているイメージもあるのです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 魚座は最後の星座だけど最終進化なの?

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain どの星座も考え方で最初とも最終にも見えます、魚座も牡羊座が最初だとしたら最後にも見えますし、その視点で言えば「0番目の星座」にも見えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain こだわりも目的意識も低いので、まさに「最初の星座」にも見えます。実際、目的追求は苦手分野です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 疲れきった老人にも見えるし、生まれる前の胎児の様でもある。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain なかなか良い表現ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 実際に星座は前の星座から逃れようとして変わっていくのですが、ゴールはありません、人はもっともっと、を求めるものなのです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain 「8ハウス」が究極、蠍座的で、日常的、実感の「2ハウス」の反対側にある、と言うことが人の考え方を示しています。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 常に手に入らない向こう側に究極はあるのです。ですから運命の車輪は回り続けるのです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain それはどういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain それこそが「木星」「運命(運命の車輪)」魚座の副支配星です。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 哲学(人生)ってことです。究極の「8ハウス」の次が哲学の「9ハウス」ですからね、木星、射手座的です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain でも、魚座はこだわりから抜け出られるんじゃない?

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain 最も近い場所にいますが、その状態をキープすることは簡単ではありません、魚座の最後の数札は「飽食」「魚座に火星」のイメージですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 「火星」って「塔」ってこと?

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そうです、「そのまま、その場所には居られない」と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain ずいぶん話がそれちゃった。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain それてませんよ、こういうお話は「怠惰」的ですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 何で?どこが?

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain 気付いたら積み上がってた知識だからこそ理解して組み立てられる話です。

 

f:id:KAERUSAN:20191105232029g:plain 目的意識が高すぎると、かえって知識が細く貧弱になりますからね、理解のための理解になるのです。

 

魚座1度「大衆市場」

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 「大衆市場」楽しそう☆

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain イロイロな商品を並べて販売してみる、売れたものは欲しがられていたし、残ったものは残りたかったのかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 残りたかった?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain 例えば、道端の石がそこにあるのは何故でしょう?

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 誰かが置いていったから。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain でも、石に頼まれて連れてきたのかもしれませんよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004124122g:plain えー!にわとりさん、頼まれたことないよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain 石を投げたり、けったりすることはありませんか?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 子供のころなら、

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain 何でそんなことするんです?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 何となく。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain え、それは石に頼まれていたの?

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain 操られたのかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain えー、絵本のお話みたいだな。

 

f:id:KAERUSAN:20191105232029g:plain 起こったことを説明する方法はいくらでもありますね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain 実際に起こったことを正確に説明することは難しいものです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 人間の食欲、食料の選択などには腸内細菌など体の表面の微生物なども大いに影響していると言われています。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain しかし多くの人は自分で決めていると思うものです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain ですから、残ったものを自分が本当に欲しかったもの、と思ったり、手に入ったことを運命だと思うことは、魚座的です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain 偶然に手に入ったものを引き寄せた、と思ってみたり、探して見つかったものに運命を感じたり、そういう気持ちが「魚座」的です。

 

f:id:KAERUSAN:20191106183925j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain ですから魚座と対応する「大アルカナ」は「月」、「生命の樹」では、結果、現実の「10」「マルクト(王国)」と金星と対応する「7」「栄光(ネツァク)」は「月」でつながれています。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 人の実感、現実味には、魚座的感情は必要だ、と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 「大衆市場」はそういう自分を納得、理解させるイメージか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain そうです、これ下さい、とお金を置いていかれればその商品は去っていきますし、売りたくても残るものは残ります。そして買えるものは買えますし、お金が足りなければ買えません。

 

f:id:KAERUSAN:20191012160718g:plain しかし、交渉で何とかなるかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain なるほど、でもそれなら「大衆市場」じゃなくて「お店」でもいいじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そういうことが、あちこちで同時進行で行われていて、それぞれに思いがあって、届かぬ願いも、すれ違いもあって、だから「大衆市場」なんです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 誰もが売り買いしてるんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191105232029g:plain そういう価値観なんです。そういう柔らかな雰囲気を求めているとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain あと、人が居ないと商売にならないですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain あ、魚座さびしがり屋なイメージもあるね。

 

魚座2度「ハンターから隠れるリス」

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain あれ?隠れちゃった。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain どういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20191012160718g:plain 例えば「ハンターから隠れるリス」のような態度。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain あー、魚座っぽいな☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain え、でも「大衆市場」から来た場合は?

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain 寂しがり屋だけど、警戒して相手を観察したい、だとしたら、

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain あ、さらに魚座っぽいな。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そして「2度」ですから、「2」「叡智(えいち:コクマー)」ですから「慈悲の柱」にあるわけです。だから「新しい挑戦」に関してもそういえます。

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain 恐る恐る感っていうのかな、判る。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain でも、ハンターに狙われているの?

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain ハンターに狙われやすい、とも言えますし、相手がハンターに見えるとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain だいたいめちゃくちゃ強かったら隠れないでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 魚座は安全な獲物に見えるのか。確かに魚座は怖い人あんまり居ないよね。

 

 

魚座3度「石化した森」

 

f:id:KAERUSAN:20191107005711j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain なんかちょっとシュールだな。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 石化は地中に埋まった生物の遺体の有機物が炭酸カルシウムや珪素(けいそ)などに置換されて化石になることを言います。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あ、そうなんだ。実際に起こることなんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 原文は Petrified forest です。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain ペトリファイドフォレスト?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain え、それアメリカの観光地じゃん。本当にある公園だ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 化石になった木がたくさんある所だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 「石化された森」って何が言いたいのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain 「されている」んですよね、石化されている。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain ああ、化石は自分から進んでなるものじゃないよね、自然になる。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 残るべきものは放っておいても残るし、消えるものは何をしても消えてしまいます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain 消えてしまうものを悲しいと思うことも出来ますし、仕方ないとも思えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 消えてしまえば、諦めるしかないし、だからこそ化石化して残ったものは「残ってくれたもの」とも思えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain どう思うかは自由ですが、そこに着目しやすいと言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234526g:plain 消え行くものに思いをはせる、魚座が優しいのはそう言うことかな。

 

f:id:KAERUSAN:20191012160718g:plain それはありますね。魚座は弱者に優しいイメージもありますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 消えてしまうことを止めるより、消えてから思いをはせるイメージもありますね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 救うんじゃなくて供養するイメージか。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain もちろん消えることを防ごうとする人もいるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain そうか、サビアンだから「石化される森」に着目するイメージが魚座的なんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain この「石化される森」が「生命の樹」の「3」「理解(ビナー)」にあるわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234526g:plain 「峻厳(しゅんげん)の柱」だよね。生存本能、とか社会性のイメージだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191107120846j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain と、考えれば、時間に押し流されるように消えゆくもの、それでも残るもの、というイメージで社会を見れば何が見えるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 傍観者的なイメージもあるな。そして時には逆らえないことを理解するような受け入れるような感じもある。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あ、「怠惰」っぽいな。すごく考えているけど抗わない感じもある。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain そしてこの「3度」から「女帝」を通って共感や意見の一致を求めていくと「2度」の「ハンターから隠れるリス」のイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 新しい挑戦、石化に対して何かしようとしているようにも見える。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain それは大きな勇気がいるでしょうね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain ハンターから隠れるリスの心境か、じゃあ「3度」に帰っちゃうかもね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そうですね、でも、何かを見つけるかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 魚座でも、みんな違うし占いで見えるのは考え方や悩み方のパターンなんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain それを掴まなくては、自分の思考レベルを越えた行動を取ることは難しいですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain 自分の恐れ方を知るからこそ、それが事実ではなく単なるクセだと知ることが出来る、占いは「脳のクセ」を理解して越えるための技術です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plain 「生命の樹」や「サビアン」の理解はそういう面で役に立つのか。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain まあ、今回のシリーズはさらりと雰囲気を感じて頂こうとサビアンに触れてみました、プロの占い師の雰囲気を感じて頂ければ大変結構です。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 「4度」から後は?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain ご興味のある方は是非研究してみてください。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain えー!マジで!

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain かえるさんは「生命の樹」の研究がライフワークですから、勉強なさりたい方は記事の下をご覧下さいませ。

 

f:id:KAERUSAN:20190802235736j:plain

f:id:KAERUSAN:20190802212727g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「サビアン」「うお座」「タロット 生命の樹」「タロット 数札」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20200210092800g:plain かえるさんの占いについてはカテゴリー「かえるさんの占い」または画面下の方をごらん下さい~☆