かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

月、蟹座とつながる「4ハウス」ハウスのお話

 

 この記事は「ソーラーハウスシステム」のお話です☆彡

 

 こんにちは、かえるさんです、今回は「月、蟹座とつながる「4ハウス」ハウスのお話」と言うお話です。

 

 今回からは「4ハウス」だね。「ソーラーハウス」の蠍座に「太陽」がある人の例のお話だね。

 

 そうです、それでも「惑星」の位置で意味が全然変わりますから、あくまでも一例ですが、ホロスコープはこんな感じで読んでいくんだなー、ってイメージで読んでみてくださいませ。

 

 まあ、イメージをつかむためのお話ですな。

 

 では今回は「月、蟹座とつながる「4ハウス」ハウスのお話」です。

 

 

www.kaerusan01.com

 

 

「4ハウス」は月と蟹座とつながっています

 

 

 「4ハウス」ってどんな感じだったけ?

 

 「3ハウス」で情報を集めたので、それを生かすために何かに打ち込みたい、自分の理想の「安心出来る自分の価値観で出来た世界」を描きます。そこに向かって行く、これが「安心」のイメージです。

 

 「世界」が大切なのであって、「主役」である必要はありません、それは「獅子座」「5ハウス」の願望です。

 

 なるほど、「4ハウス」「蟹座」の安心感は自分が信じるものを守ることなんだね。

 

 その通りで、それが「月」の「使命」なのです。

 

 だから、自分より、恋人、家族の方が大切なイメージなんだ。

 

 そういうことです。

 

 今回の例では「3ハウス」が山羊座ですから、「社会的に結果に役に立つ」情報を集めてきたので、「4ハウス」では「水瓶座」ですから、「山羊座で得たことをから、やりたいことを思い切りやりたいイメージ」です。

 

 これが「月」「使命」に大きく影響するわけですから、情報収集が非常に大切なことが判りますね。

 

 そうは言うけど、何を集めればいいか判らないんだよ。

 

 「情報」を集めるモチベーションを高めるには、そもそも「魚座」でしっかり休んで、癒されて「牡羊座」で、憧れに向かって何でも経験し「能力自体」を高めて、「牡牛座」で好き嫌いの好みを醸成してこそ「情報」に興味を持つことが出来るのです。

 

 結局、つながってるのか、「魚座」は「12ハウス」と対応してるから、今の話だけで、も話は「12ハウス」からの流れなんだね。

 

 そういうことです。

 

 でも、「安心感」が「水瓶座」的、って、改革したい!自由でいたい!縛られたくない、って感じかな。

 

 そうです。

 

 え、でも「太陽」が「蠍座」にあるんだよ。

 

 だから、「蠍座」だからって、全員、人間に対して執念深いわけではないでしょ、何かに打ち込みながら、そのものを突き詰めることで「改革」「改善」と言う形で「水瓶座」を使えると、安心感を得やすいでしょう。

 

 基礎の勉強が必要な話だな。

 

 そうですね。

 

 

「天王星」「11ハウス」「月」「蟹座」

 

 

 「4ハウス」に外部から影響を与えるポイントを見ていきます。

 

 今回の例では「月」「天王星」が「天秤座」の「12ハウス」に入っています。

 

 どんな感じ?

 

 「天秤座」的な言語的、人の上に立つイメージ、論理的な感じで、「12ハウス」を行う、ということです。「12ハウス」は「魚座」的ですから、癒す感じ、癒される感じ、元気にさせるイメージ、を「天秤座」的に行う、それが「安心感」「使命」になって行きます。

 

 なるほどー、こうやって読んでいくと、どこから読んでも深めれば似たような結果が浮かび上がるね。

 

 そうです、どうやって生きても「目指す所に向かうように出来ている」から占いは当たるのです。

 

 そして「天王星」「水瓶座」とつながる「11ハウス」は「乙女座」ですから、完璧を目指し続けるイメージで、改革を続けます。

 

 「月」「4ハウス」とつながる「蟹座」は「9ハウス」ですから、「射手座」的な高度な技術、知識、哲学を生かすことも重要です。

 

 そうなると、結局、この「ホロスコープ」の人の「占い師」と合ってるね。

 

 そういうことです。さらに「12ハウス」には「冥王星」まで入っていますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190205214840j:plain

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「ハウス」「ハウス その他」「ソーラーハウス」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain かえるさんの占いについてはカテゴリー「かえるさんの占い」または画面下の方をごらん下さい~☆