かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

言葉にしないから見えるもの 魚座「柔軟宮」「三区分」

f:id:KAERUSAN:20190526233324j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「三区分」の「柔軟宮」の魚座のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230424g:plain 魚座の人は、見る角度によっては、悟っているようにも見える。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 無気力さんにも見えるし、

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain すごい育ちが良く見えたりもする。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 人は、自分が理解できないものを見た時に、何とか説明しようとするので、他の人と違う人ほど、見る人によって違うものに見えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 見る人の気分や考え方によっても違うものに見えるってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain そうです、見る側の人が求めることをすれば優しく見えますし、期待はずれなら意外と冷たいな、と思ったりするでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231804g:plain そういうデータ、経験から人を判断するので、期待はずれを感じたり、本当はこの人はこう言う人なんだ!とか思うわけですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain なるほど。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain 今回は「柔軟宮」の「魚座」のお話です~☆

 

www.kaerusan01.com

 

 

「柔軟宮」魚座

 

f:id:KAERUSAN:20190521155659g:plain 魚座の人は柔軟って言うか、もう「合わせる」って決まっていて、合わせてから考える感じ。

 

f:id:KAERUSAN:20190521155615g:plain 魚座の人は自分の気持ちが判りにくいですからね。そう言う所あります。

 

f:id:KAERUSAN:20190430201259g:plain 不満が溜まっていることに慣れてしまって、体調が悪い日などに急に噴出したりすることもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain 怒られた方は前から思っていたと思うよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain まあ、そうなりますね。実際に前から思っている場合もありますし。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 「四要素」の「水」の星座は感情だから、今までに自分の中にある蓄積したデータとか経験が気持ちに反映しやすいんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain そうです。

  

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain だったら、自分の気持ちはハッキリしていそうなのに。

 

f:id:KAERUSAN:20190329173833g:plain 魚座は特に、想像も現実も同じような意味を持って蓄積したデータになりますから、本人も「なぜそう思うか」が判らなくなりやすいのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329002948g:plain 蟹座も蠍座も感情の星座ですから、その要素はありますが、魚座の場合、夢や自覚できない雰囲気なども大きく関わります。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235320g:plain 本人も判らないんじゃ、他の人から見て魚座の人は不思議なわけだ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain とは言え、他の人だって、なぜ自分が怒るのか、機嫌が悪いのか、などの自覚は、いいかげんなものです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain 結局は、その説明能力の差、とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain ああ、いいかげんでも、それっぽく言われると納得するよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain しかし、魚座は、上手に説明しないこと、が相手の良くない部分などに触れない、と言う形になることも多いです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain お、なるほど。魚座っぽいな。人に指摘しない、好かれる第一歩だ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain そして、ある意味では魚座の考え方こそ、現実的とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190422155429g:plain 魚座が!

 

f:id:KAERUSAN:20190422175200g:plain そうです、実際には周囲の人に腹が立っても、自分の体調が悪い、他にイヤなことがあった、と言う方が腹の立つ理由としては適切かもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20190418192145g:plain 良くあることだ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain でも、怒っている本人は、周囲の人が原因だと思う、と言うことは疑いません。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain その意味では、理由無く悲しい時に「何か」があれば、その「何か」が原因になるのですが、理由無く悲しい、と言う魚座の感じ方は、ある意味、その方が自然とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain ムリに理由を付けていないからか。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 魚座の人はみんなそうなの?

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain さすがにそうではないでしょう、魚座100%の人はいないですから。ただ、魚座の人は、そう気付く時がある、と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235320g:plain なんで、魚座の人はたまにでも、そう思えるんだろう?

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain ムリに説明しようとしないからです。

 

f:id:KAERUSAN:20190521155615g:plain 逆に言うと、その「ムリな説明の仕方のクセ」と言うものが、性格とも言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20190521155659g:plain 他人のせいにしたり、キライな人のせいにするとかか。

 

f:id:KAERUSAN:20190430201259g:plain 自己防衛の気持ちが強い人は、自分のせいにしたくないですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190528144041j:plain

 

「柔軟宮」魚座のイメージ

 

f:id:KAERUSAN:20190408183327g:plain 魚座のイメージは「柔軟宮」だから「不動宮」の行き過ぎて、行き詰ったイメージから解放されていくイメージ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そうです、そして、そっと「瞑想」のような状態に入り、冷静に脳内を整理します。考えるのではなく脳が自動的に行う処理です。

 

f:id:KAERUSAN:20190329173833g:plain 今まで論理的に考えていたイメージから、解放されたり、何かを突き詰めて究極を目指していたイメージから「瞑想」に入るイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain ストーリーのイメージが2種類あるの?

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain 論理的に行き詰ったのが、1つ前の星座「水瓶座」で、究極を目指していたのが同じ「四要素」の「蠍座」のイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain どちらにしても、かなり極端な変化だね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231804g:plain そうです、ですから、行き詰ったイメージから抜け出したイメージになるのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain そしてそのイメージは「火星」を通過している破壊的とも言える行程です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain 良く判らないな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain これは「生命の樹」のイメージです。どちらかと言えば専門知識と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain そして、過去のデータをゆっくり分析理解して、何かを感じ、それを元に自己を再構築して行きます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 魚座が分析、理解?

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain 論理的な行程ではありません、脳が勝手に行い、ニューロンのネットワークが造成されて、インスピレーションを受けるイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain そして、そのひらめき、自己、を「自分の基盤」にして、理想をイメージする、または形にしようとします。

 

f:id:KAERUSAN:20190329002948g:plain その過程の中で、新たなデータを得て、それをまた元に新たなインスピレーションを得るイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain 脳そのものが自分みたいだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain そういう言い方も出来ますね、魚座の象徴は「後頭部」ですから、小脳など昔からある本能的な部分にも焦点が当たります。言葉に出来ないようなインスピレーションや不安などです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 普通の人は論理的な「大脳」的なデータを重んじますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 魚座はある意味、自分の脳に対しても自然に「柔軟」に対応している、と言えるかもしれませんね。

 

f:id:KAERUSAN:20190408183327g:plain 言葉で考えすぎると、見えなくなるものがあるかもね。論理に頼ることでものごとが見えなくなることもあるか。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230619g:plain 細かく言えば全ての人が他の人とは「違う世界」にいるとも言えますよ。魚座に限ったことではありません。ホロスコープはその地図を示しているとも言えるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20190329175941j:plain

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から「うお座」「三区分」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain 自分の星座をキチンと調べたい方はカテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、「ホロスコープ作成」をごらん下さい、カンタンに無料、登録無しで自分の「ホロスコープ」が調べられます。