かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

「役に立つ」を使ってホロスコープを使いこなす能力を得る 双子座と射手座「6ハウス」と「12ハウス」

 

f:id:KAERUSAN:20210105140223g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「6ハウス」と「12ハウス」という「ハウス」のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20210105140230g:plain 今回は「6ハウス」が双子座で「12ハウス」が射手座のお話だね。

 

 「役に立つ」「完璧を目指す」「6ハウス」の「カスプ(「プラシーダスハウスシステム」では「ハウス」の最初の度数:そのハウスに強い影響を与えます」が双子座だから「情報収集」に関して「完璧」でありたいのかな。

 

 双子座は「もう一人の自分によってホロスコープを使いこなす方に引っ張られる」星座です。それを「役に立つ」に向かわせるのが「6ハウス」です。

 

 そうか、双子座の自分の能力を自覚以上に引き延ばそうとする能力を「6ハウス」的「役に立つ」に向けるのか。

 

 そういうイメージです。

 

 そして「12ハウス」は射手座になるね。

 

 「12ハウス」の射手座は、自分の判断を信じられるイメージが「癒し」になります。

 

 そうか、射手座は自分の考えを試したいイメージだよね。

 

 ですから、自分の判断力を高めることが願望のイメージになります。その「上手く行く」イメージで癒され「目標の再設定」が行えれば「12ハウス」は役目を果たせます。

 

 双子座で「役に立つ」を目指して、その活動で集めた「情報」をもとに自分の考え方が固まって「哲学」が出来るんだね、そのイメージで活力を得るわけだ。

 

 そういうイメージもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20210105140134g:plain 今回は「6ハウス」と「12ハウス」のお話です。

 

www.kaerusan01.com


 

 

 

「6ハウス」

 

 双子座に「6ハウス」があるんだね。「6ハウス」は乙女座的だから「水星」をイメージする組み合わせだね。

 

 正直、良く判らないのは「水星」はよく「情報」「コミュニケーション」って言われるけど、すごく双子座的とも感じるし、じゃあ、乙女座はどの辺にあるんだろう?って気もするけど、反面「水星」はむしろ「役に立つ」乙女座的なイメージも強い。

 

 双子座にはむしろ「好奇心」という楽しいイメージが強いし「役に立つ」とはちょっと違う気もする、乙女座の場合「役に立つ」を目指すから「水星」的な気もするけど、「水星」は「情報」「コミュニケーション」のイメージも色濃い。

 

 そんなことを思っていると良く判らなくなっちゃうんだよね。

 

 なるほど、双子座は論理と言語の「風」の星座ですし、乙女座は感覚の「地」の星座です、双子座は論理的、言語的に「役に立つ」にアプローチします、それは自分のホロスコープの能力の拡大に無意識的にアクセスします。

 

 その「無意識」的なイメージは結末が本人にも判りにくいので「役に立っている」のですが、「好奇心」に向かっている、という表現の方が理解しやすいから「役に立っている」ように感じにくい面もありますが、結局「水星」的です。ただ、それは「無意識的論理」の効果なので結果でしか確認しにくいので、なぜそうなったのか良く判らないので認識しにくいのです。

 

 無意識的論理?

 

 タロットカードの「愚者」的な論理です。

 

 それを「6ハウス」で双子座と「乙女座的な役に立つ」要するに「感覚的に役に立つ」をつなげるんだね。

 

「12ハウス」

 

 自分の中の「役に立つ」を目指して双子座的に「情報」を集めて、それらの知識をもとに考え方を形成する、その考え方を使って「癒す」「目標の再設定」をする。

 

 さらに「哲学的」時間が「癒し」になるという意味もあります。

 

 なるほど、「哲学」は「考え方」ってことだよね。

 

 そうですね、射手座は「その状況に適切なちょうど良さ」を作る技術を求めます、簡単に言えば「直感で行動できるための知識、技術」を好むわけです。

 

 そういうのが「癒し」になるし、自分の考え方が生かせそうなイメージがあると「目標の再設定」にもつながるんだね。

 

 そういうことです。

 

f:id:KAERUSAN:20190205214840j:plain

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「ハウス その他」「ふたご座」「いて座」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain かえるさんの占いについてはカテゴリー「かえるさんの占い」または画面下の方をごらん下さい~☆