かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

魚座 親子の愛の絆 「愛」を知ることで星座になる

f:id:KAERUSAN:20170527141222j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は、実際の夜空の、うお座と、それにまつわる神話のお話をしたいと思います。星座を深く知ることは、ホロスコープで性格を分析するのに大変役に立ちますので、ぜひごらん下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain うお座は冬の星座です、10月から1月ごろに、探そうと思えば探せないこともありません。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain なんですか、その言い方は!けっこう大きい星座だと思うけど。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 大きいです、星座図や、星座版で探すのはカンタンなのですが、いかんせん暗くて良く見えません。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 暗いのか、目が悪かったらアウトか。どの位暗いの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511182529g:plain 3等星すら無くて、暗い星が並んでるだけです。当たり前ですが、実際の空には星をつなぐ線などありませんから、見つけにくいでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain でも、探すとしたら?

 

f:id:KAERUSAN:20170511182529g:plain ペガスス座に2等星が2つあります。その真下に、うお座の魚が一匹います。もう一匹は、おひつじ座の右側にいます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 11月下旬に夜8時ごろに探せば、みずがめ座、うお座、おひつじ座が見えますが、うお座は見えにくいです。どっかの山からとか明るすぎない所で探してみてはいかがでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain じゃあ、いいや。

 

親子の絆

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain うお座の話も、おひつじ座、やぎ座と同じお話からです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain おお、テュポーンか。良く出てくるな。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 親子のアフロディーテとエロスのお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain じゃあ、恐怖の怪物テュポーンから、神々が逃げる所だ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain そうです、で、逃げてきて、川があったので、魚になって逃げることにしました。でも、魚だとはぐれてしまいそうだから、ロープで縛った姿が、うお座の姿です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain え、もう終わり?なんで星座にしたの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain まあ、神話的な表向きの理由は、親子の愛を記念してゼウスが星座にしたということです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain でも緊急避難時だし、別にこの話から親子愛は感じないよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain まあ、他には、タマゴが川に落ちたのを、助けた2匹の魚を、アフロディーテが星座にした、と言う話や。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 川に落ちた女神を救った魚が星座にしてもらったのが、みなみのうお座

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain もう星座が違っちゃってるじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain で、うお座はその2匹の子供と言うことです。

 

「愛」のお話

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain で、結局テュポーンの話から考えるのがいいと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ポイントはアフロディーテとエロスが紐で結ばれて、星座になった。ということです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain アフロディーテは「金星」とか「愛」だよね。エロスは?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain カンタンに言ってしまえば「エロス」は「価値に向けられた願望、所有欲」と言うところでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あ、そーなんだ!ちょっと違う想像だった。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ですから、欲望とも言えますよね、カンタンに言えば、そういうものは、キチンと「金星」愛と結びつけて使いましょう、ってことですね。もちろん、エロスも愛のひとつですが。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain うお座は、優しい人の多い星座ですが、誰とでも、あまり考えずお付き合いするような人もいますから、キチンと考えて行動することを言っていると考えられます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain そうなると「愛」って、なんだ?って話だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 国によっても時代によっても様々な考え方がありますが、昔のギリシャだと、

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 神からの、無償の愛。神は完全無欠なので一方的で見返りを一切求めない愛です。親が子供に向ける「愛」が近い存在です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 友情なども愛のひとつです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 家族愛も愛のひとつです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain そして、恋人同士の愛です。ここにはエロスもある程度重なります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain その恋人同士の愛は、エロスとイコールじゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 似ていても、同じとは言えません。情欲のみに流されず、お互いの存在を求め合い高めあえる気持ちを根本に出来るか、というポイントを押さえてこそ愛と呼べるのでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain ほー、そういえば、尊敬したりする、敬愛なんかは?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 大切ですね、ローマ時代に重要視されるようになりました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 愛はいろんな意味があるのに、何で無理に「愛」って言葉で統一しようとするんだろう?ばらしたままでいいんじゃない?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain いい質問ですね。しかし、ばらしてしまうと、どれが正しいとか、どれが重要とか、これはいらないとか、そういう考え方を助長してしまいますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 単に、別のものでなく、すべての要素が混ざり合っているのが現実ですが、言葉と言うものは力の強いものですから、分けた時から言葉と意味が一対一に扱われてしまいます。それを避ける為にも「愛」という言葉でそれをまとめておくことは重要です。

 

f:id:KAERUSAN:20170512175809g:plain 「愛」って難しいね。タロットの「女帝」の所では「愛」は一言で言うと「扉」だったよね。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そうですね、ただ、甘やかすのでもなく、ただ突き放すのではない、人とのバランスを意味していましたね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain うお座の人は、それらを良く考えることで向上出来る、ってことなんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain そう言って良いでしょう。ちなみにエロスは、キューピッドとも意味が重なります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain マヨネーズで有名な愛の天使、キューピッドだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ま、まあ、そうですね、キューピッドの矢は、命中すると恋心を燃え上がらせますが、矢じりを鉛にすると、恋心をたちまち沈めます。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain どうして?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 鉛は惑星の「土星」と照応します、やぎ座とも意味が一致します。ですから現実を意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain エロスのような愛は現実にぶつかると消えてしまうってことか。なるほど。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 自分にも、うお座があるかチェック~☆

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170508223233j:plain

カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「神話」や「うお座」の記事もごらん下さい~☆