かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

女帝 愛とは何か 「金星」「おうし座」「てんびん座」

f:id:KAERUSAN:20170504224010j:plain

 

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain こんにちは、かえるさんです。今回はタロットカードの「女帝」のお話です、ホロスコープで性格を分析するためにも役に立つお話ですのでぜひごらん下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 「女帝」はホロスコープの金星のカードです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 金星のカードって言うことは、恋愛や楽しみなどのカードかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain その通りです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain でも、恋愛と楽しみ、って、ひとまとめに言うけど、全然違う気もするんだよね。金星の、楽しみは、感覚のおうし座と、言語のてんびん座で説明が付くけど、恋愛は、また違うよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain なるほど。このカードのテーマは「愛」です。そして金星がそれを意味すること、そして、おうし座、てんびん座と、どのようにつながっているか、を考えることで、「愛」について考えましょう。

 

「扉」

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain このカードの象徴は「扉」です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain 「扉」が愛の象徴なの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そうです、扉は出入りする所で、開けてあげることも、閉めておくことも出来ます。受け入れることと、拒否することを意味しています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain 愛はなんでも受け入れてくれるんじゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain それだと、甘やかしすぎになりませんか?

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain あ、そうか、でも拒否ばっかりも、愛とは言えないよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain ですから、開け閉めできる扉なんですね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310180708g:plain そのバランスの大切さを意味しているんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain でも、いつも思うんだよね、バランスを取ること、正解ってあるのかな?すごく難しいよね。厳しすぎか、甘やかしすぎか、本当に難しい。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain そうですね結果論ですからね。

 

おうし座と、てんびん座の支配星 「金星」

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain その意味が、おうし座と、てんびん座にあります。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain そこだよね、愛とか恋愛だったら、水(感情)の星座の、かに座、さそり座、うお座っぽいもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 水(感情)の星座は、愛に対する求める気持ちや、こだわりは強いです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain でも、その気持ち自体は自分のものであって、別に相手に伝わるわけでも何でもありません。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181759g:plain えー!!伝わるでしょ!!

 

f:id:KAERUSAN:20170310182707g:plain いや、その気持ちによって出た言葉や、行動によって相手が愛を感じることはあるでしょう、でも、想い自体は伝わりません。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185004g:plain ちょっとした気遣いや、表情などに、恋心を感じたりするものでしょ、それらは現実的な情報ですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310181551g:plain 仮に、相手の将来のためを思ってしたことでも、相手が嫌がったらそれは愛とは思われませんよね。後には自分のためだった、と気づくかもしれませんが、愛、と言うのは相手が勝手に決めるものですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310183241g:plain だから、正解はないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 余談ですが、タロットのスモールカード、にも「愛」というカードはあります。それは、杯(カップ)の2で、うお座に関係したカードです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain やっぱり、感情のカードにも愛のカードはあるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 言い換えれば、言葉や感覚によって伝わった情報を、相手が「愛」と感じた時に「愛」が成立している、と言えますね。単なる甘やかしであっても、です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain この「女帝」の「金星」その「おうし座」と「てんびん座」で考えれば「おうし座」は、感覚から、発生する「愛」、手を握ったり、抱きしめたりする感覚から相手に発生する「愛」を意味しています。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 物理現象によって愛が生まれるってことだね。「てんびん座」は?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 「てんびん座」は、契約の意味もありますし、当然、言葉も意味します。

  

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 告白したり、デートの約束をしたり、恋愛はたしかに「おうし座」「てんびん座」に大きく関わるんだね。無償の愛の、親子関係とかは?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain それも「愛」ですよね。大きな目の女性を好きな男性は多いですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain まあ、そうだね、でもそれが関係あるの?

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 人間が、大きな目の動物を可愛いと思うのは、多くの赤ちゃんがそうだから、という説もあります。自分を必要としている、守ってあげたい、と思うと言う説です。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain ああ、その延長で目の大きい女性が人気があるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 子供を生むときに分泌される物質なども、おおいに母親に影響しますし、母性本能をおおいに刺激されます。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 「愛」は永遠の謎、みたいな話じゃないのか。うーむ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain でも「愛」は、相手に伝わるように発信することがとても大切で独りよがりになっては「愛」ではない。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そして、その情報を受け取った相手が「愛」を感じ、つながった、と感じることが出来るのは、素晴しいことでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そして「扉」です、バランスがなにしろ大切です、くれぐれも受け取った相手が決めることなのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain こう考えると、金星の楽しみ、も同じことです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310215701g:plain 美味しいものを食べたり、運動をして楽しいと思ったり、そういうことも発生の仕組みは同じなのか。

 

「女帝」意味

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 愛が適切にバランス良い状態でそこにあるか?という視点が重要です。言い換えれば、目的と発信された情報がバランス良く調和しているか、とも言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain そこから発生して、豊穣、出産、結婚、幸福なんていうキーワードが出てくるわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20170310185136g:plain 星占いで使っている星座は「太陽」の星座です、「金星」の星座はまた別にあります、こちらからカンタンに調べられますのでぜひごらん下さい~☆

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170508152157j:plain

f:id:KAERUSAN:20170503130628g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ「タロット」の他のページもごらん下さい~☆