かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

自由の世界へ 窓の向こうには「二区分」「男性星座」水瓶座

f:id:KAERUSAN:20181120184653j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「二区分」の水瓶座のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024194809g:plain 「男性星座」は「問題提起」だよね。水瓶座は「自由」がテーマだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain 星座の流れとしては、山羊座で完全に「結果」を目指すことを極めたので、全てが完成したとも言えます。「理想」から「情報」をつなぎ形にしました。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain それを、視点を変えて行き詰まり、「自由」を失った、と考えるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171116g:plain そうです。何が欲しい、と言うより、その「自由」自体を求める、と言えるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain 対になっているのは「女性星座」の魚座だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain 魚座では「自由」に縛られることさえも乗りこえていきます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171116g:plain 今回は「男性星座」の水瓶座のお話です~☆

 

www.kaerusan01.com

 

 

「生命の樹」

 

f:id:KAERUSAN:20181120190833j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024170658g:plain 「十二星座」と「太陽」をつないでいるのが紫色の「水瓶座」の部分だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain そして、「金星」と一番下の「セフィラ」の「マルクト(王国)」をつなぐのが水色の「魚座」の部分だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173418g:plain 「水瓶座」で「十二星座」と「太陽」が直接つながっているんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181103164616g:plain 「十二星座」が直感によって分けられた所、正に「コクマー(叡智:えいち)」、知恵とも言える所から、「理想と願望」をつないでいる…。

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain 水瓶座っぽいね!「自由」を求めてる感じだ!

 

f:id:KAERUSAN:20181120192053j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain そうですね「2」は「コクマー(叡智:えいち)」「十二星座」と「4枚の騎士」「全ての棍棒」とも対応しています。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain このブログでは「タロット」は「トートタロット」のみを扱っています、ライダーやウェイトのタロットとは違う所もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain 「騎士」はライダーやウェイトだと「王」だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そして、「6」は「ティファレト(美)」「太陽」と対応します。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 「峻厳(しゅんげん)の柱」の「3」「5」「8」の「3」から「6」に向かうのが「双子座」だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170658g:plain そして「慈悲(じひ)の柱」の「2」「4」「7」の「2」から「6」に向かうのが今回の「水瓶座」だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain いいですね、そういうことを気にしながら見ると良いでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain そう考えると「双子座」の方が、結果を求めている、と言えますね。「土星」から出発してますし。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain そうなの?けっこう飽きっぽいイメージもあるけど。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172535g:plain 双子座は、人間関係の維持には大きな努力をしますよ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain そうか、生きるために「集団」を選んだんだから、それで十分なのか。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain 「双子座」は、その「3」からスタートして「1」「6」「9」「10」の「中央の柱」の「6」に向かっています。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain だから、双子座も知的好奇心の強い星座だよね。そうか「生きるため」から「知的好奇心」に向かっているのか。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain ある意味「水瓶座」とゴールは同じ、とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain 「水瓶座」は「知恵」から始まって「知的好奇心」に向かっているとも言えますね。知恵を使うこと自体が目的化しているとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain 「6」は「知的好奇心」でいいの?「理想、願望」の「太陽」のイメージだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172825g:plain 「双子座」も「水瓶座」も「四要素」の「風」ですから。タロットの「剣の6」は「科学」ですから。「風」にとって「理想と願望」は「知的好奇心」と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173418g:plain なるほど。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 「2」「コクマー(叡智:えいち)」は「知的好奇心」と似ている気もするけども。何ていうか字がさ。お堅いイメージ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain いやいや、ある意味「2」と「6」は似ていますよ、そもそも、「直感」によって「十二星座」を分ける必要はなかったでしょ、まだ「生き物として」生まれて無いんだから。それでも「分けられたのです」そして、

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain 「愛」である「金星」の「扉」を通って「3」「ビナー(理解)」について、生まれたことを確認できますね、「惑星」が対応していますし、そこは、キチンとしないと生きていけない「土星」です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain その前の「2」は、生まれて無いから、何をしても死なないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172320g:plain そうです、水瓶座の向こう見ずさが出てるでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain ああ!地位も名誉も捨てて転職しちゃう感じ!!!

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そういうことです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain ただ「2」は「知的好奇心」とイコールとも言えません。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172535g:plain そう言う意識的な要素を含まない化学変化のようなイメージです。

 

「水瓶座」の「自由」を「生命の樹」で考える

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 「2」「コクマー(叡智:えいち)」は、直感で分けられた「十二星座」、「火」と対応していて、まさに知恵の根本って感じだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181103164616g:plain そこから「水瓶座」を通って、

 

f:id:KAERUSAN:20181024194809g:plain 「6」「ティファレト(美)」に着く。「太陽」とも対応しているね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173418g:plain さっきも言ったけど、「自由」ってイメージがわくね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170658g:plain 「十二星座」と言う全部が集まった所から、一気に「理想」に向かっていく感じが何物にも縛られない感じだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain そうですね、ですから「水瓶座」のヘブライレターは「へー(窓)」です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain あ!何か、人間世界への「窓」みたいなイメージかな!

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そういうイメージも感じますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain でも、普通は出入りは「扉」じゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain それはそうですね、しかし「窓」だと、大空へ向かって自由に飛び出すようなイメージも持てませんか?

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain 一気に「理想」を目指しているんですから、

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain なーるほど、それは何か判る気がする。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172535g:plain そのファンタジックなイメージから、損得に関わらず理想に向かうイメージ、山羊座の「地」とは違うイメージを持ってもらえれば宜しいと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172320g:plain そして、もう1つ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain 何よ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171116g:plain 「窓」から飛び出しちゃ、ダメですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain なんだい、急に当たり前のことを、

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain あ、その「危なさ」みたいなものも含んでいるってこと?

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain 夜空に輝く希望の「星」は、すでに存在していないかもしれない。と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173012g:plain 水瓶座のタロットは「星」か。なるほど。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172535g:plain これは、「理想」にたどり着くために、空を飛ぶ「風」の理想へのたどり着き方の1つと言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain 水瓶座だから「四要素」の「風」だね「論理」や「言葉」だ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain ここで判るのは、「2」から「風」で「6」に向かって、「地」なら「4」「ケセド(慈悲)」に向かったと言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain あ「牡牛座」「神官」か。あー、星座のイメージが伝わるな。

 

f:id:KAERUSAN:20181121014748j:plain

 

「男性星座」「水瓶座」

 

f:id:KAERUSAN:20181024170114g:plain たしかに、水瓶座のイメージがたくさん出てきたね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 損得より、純粋に「理想」に向かう感じとか。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain そうですね、しかし山羊座も純粋に「結果」に向かっているんですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain あ、そうか、別にそこに違いは無いのか。「純粋」って言葉が入ると勝手にいいイメージになるな。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain だから山羊座は「理想」から出発して「情報」に向かうわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain 「理想」から下がって「9」「イェソド(基盤)」に向かう射手座は?

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain 「理想」をアイデア化、イメージ化するわけです。ですから、現実に近づいてますね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain 逆に言うと、水瓶座にとって大切なのはもっと抽象的な図の上の方の話、だから、とにかく「変化」をって思うんだ!!

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain そうです、イメージと言う言葉でひとまとめにしていたものが、星座の単位で分けられるでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173012g:plain だから水瓶座は「ここは違う気がする」とか「こんな所にいても意味が無い」とか、ふわっとしたことを言うんだ!

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain ちょっと射手座と似てると思ってたけど、明確に違うんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そういうイメージがつかめれば大変良いですね。

 

www.kaerusan01.com

f:id:KAERUSAN:20181024221715j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から「二区分」「みずがめ座」「タロット 生命の樹」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20181024170658g:plain 自分の星座をキチンと調べたい方はカテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、「ホロスコープ作成」をごらん下さい、カンタンに無料、登録無しで自分の「ホロスコープ」が調べられます。