かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

恋ってどんなものかしら? ホロスコープの比率を考える

f:id:KAERUSAN:20191121112928j:plain

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain こんにちは、かえるさんです。今回はホロスコープで恋愛を考えます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain なんかストレートで珍しいね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」を聞いてたらタイトルにしたくなったんです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain ああ、「恋ってどんなものかしら?」って曲あるね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain あとホロスコープの見方について考えるのもいいかなと思いまして。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain こういうストレートな内容も大切よ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain では今回は「恋ってどんなものかしら?」というお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain でもタイトルから「比率を考える」って、考えないでいい、感じろ!みたいな記事を見たこと無いよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain そんなの書きませんよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 何で考えるのよ「恋」は「恋」でしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain でも、人によっても違いますし、時によっても変わるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain 「結婚の前準備」と考える人も「友人の延長」って思う人もいますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 違ったら何なのさ?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain だって「ホロスコープの見る場所が変わる」じゃないですか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain えー!また、めんどくさいこと言うつもりだな。

 

f:id:KAERUSAN:20191012160718g:plain よく「恋愛」は「金星」って言いますね。

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain そうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain なぜ「金星」が「恋愛」なのかを知らないと見方が判らない訳ですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain なぜ?って言われましても。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain それは「金星」が相手とのつながりを求める惑星だからです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あ、牡牛座、天秤座的にね、感覚の共有と論理の一致だ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そうですね、蟹座的な「月」とか、山羊座的な「土星」のつながりとは違いますね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 蟹座は安心感、山羊座は社会的な役割としてのつながりかな。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain でも、安心感も恋愛的なつながりに含みますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あー、そうかもね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain でも、恋人には非日常感を求める人だと安心感のある人には逆にときめかないかもしれないですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain お、めんどくさくなってきたぞ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain あと、自分の「土星」が満たせなくて、もやもやしている時に自分の「土星」を持っている人、上手く使えている人が気になったり、好きになったり、嫌いになったり、

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain 自分の理想や願望の「太陽」などと相手の人生観、考え方の「木星」が一致することで気になることもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain そんなにたくさん言ったら何を見ればいいのさ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain 全部見ればいいんですよ。

f:id:KAERUSAN:20191121170914j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain やっぱり。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain もちろん、ハウスの影響も大きいですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plainf:id:KAERUSAN:20191005193913g:plainいっぱい見るね。次々にいっぱい見るね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain いっぱい見たほうが簡単ですもの、ストーリーがつかみやすいですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain 人生で不安な時は自分の「4ハウス」の星座を強く持っている人を好きになったり、自分の「月」の星座を持っている人に安心感を感じたりするわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 不安だから「4ハウス」で安心したいのか。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 自分の重要な天体と相手の「8ハウス」が一致して好きになることだってあるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain 自分にとっての究極の価値観に近いわけだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain やっぱり見るところが多すぎるよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain その人にとって何が重要か、ということも大切です、ですから、その人のホロスコープの傾向は考えたいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 他には、大きな災害などがあると結婚願望が高まったりします。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain あー、不安になるからか。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain しかし、ホロスコープにそのような要素が全く無い人はそういう状態でも思っても結局、結婚しないでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain そうか、何かのきっかけも大切だし、自分のホロスコープがそれに納得することも大切なのか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain 一昔前なら、大人=結婚している、でしたよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plain 確かに。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain 社会による圧力も存在することは確かです。そういう外圧が苦手な人は「結婚しなくっちゃ」って思うわけですね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain でもそう考えると、その人のホロスコープの傾向と、状況を考えて、それからどういう選択をするか、って考えなきゃならなくなっちゃうよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain そうですよ、考えなきゃ判るわけ無いじゃないですか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plain 男性の女性の好みは「金星」。女性の男性の好みは「火星」。って思ってたころが懐かしい。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain そんなの血液型占いみたいなもんですよ。じゃあ、相手の女性の「火星」の星座と同じ星座が強い男性なら絶対上手く行くと思います?

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain だいたい、現実問題、可愛いと思ったからっていちいち告白します?

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain たしかに!にわとりさんはこんなにカッコいいのに、告白されない!!

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain タイミングやさまざまな要因が重なってそういう恋愛的な方向になるわけですよね、しかも現実の状況は大きいでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 今のスルーしちゃダメなとこじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain してません。心の中で優しく「そうですね」って言いました、結構な音量で。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 心の中の音量って…。

 

f:id:KAERUSAN:20191105232029g:plain 今は「不安」の話をしましたけど、もちろんそれだけじゃありません、無自覚になりやすい「アセンダント」や「ハウス」などや「惑星」ではまた影響の仕方が変わりますし、

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain その上で、社会的地位やルックス、タイミング、自分の成長度合いなどもありますし、自分に自信が無ければ、自分の思い通りになりそうな相手を選んだり、さまざまな要素が絡み合います。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain そして良く聞かれる相手の「本心」ですが、そんなものが固定的にひとつある、と言うのは幻想です、人は迷い揺らぐ生き物ですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain ただ、最終決定を行う時は使い慣れた方法で決定を選択するのでホロスコープの影響は大きいものです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain それに好意はあっても「変化」自体を敬遠する人も居ますし、上手く行くとは限りません。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain くっついても、上手く行かないこともあるか。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain そうですね、あまりにもワガママな人は誰とも続きませんし。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain 結局「恋ってどんなものかしら?」

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 「恋」という言葉でひとまとめにするのは大変難しいて哲学的概念ですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain なんちゅー結論じゃ。

 

f:id:KAERUSAN:20190329175941j:plain

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「占いのお話」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain 占い教室、鑑定の問い合わせについてはカテゴリー「かえるさんの占い」をご覧下さい~☆