かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

自分の自分の気持ちと、その場の場の空気 牡牛座と双子座

f:id:KAERUSAN:20171225174523j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は、牡牛座と双子座のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain パーソナルサイン、個人的な星座の、牡牛座と双子座のイメージのつながりと、似ている所と違う所だね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152540g:plain でも、似ているかなぁ?違いはたくさん思いつくけどさ。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152527g:plain そう思うのも判ります。では、そんな牡牛座と双子座のお話です。

 

 

牡牛座から双子座

 

f:id:KAERUSAN:20171111152205g:plain 牡羊座で生まれた「魂」が、牡牛座で「体」を獲得して「感覚」を得ることで、新たな喜びや、悲しみが生まれます。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152540g:plain 新たな喜びと悲しみ?

 

f:id:KAERUSAN:20171111152527g:plain 喜びは、美味しさや、気持ちの良さ、悲しみは、疲れや、痛み、心地悪さ、などですね。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152540g:plain あー、なるほど、でもそれは、星座と関係ないんじゃない?

 

f:id:KAERUSAN:20171111152527g:plain 空腹や疲れ、などは、もちろん誰にでもありますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152503g:plain とは言え、牡牛座の方はその重要性が本当に高いのです。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain 美味しい!の喜びがとっても大きいし、

 

f:id:KAERUSAN:20171111152558g:plain 疲れた、の感覚も大きいのか。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152527g:plain 大切な作業の途中に「このイス座り心地悪い」とか「疲れた、もうダメだ」とか、牡牛座の人はよく言いますよ。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain あー、そういう所あるな。ワガママじゃなくて「感覚」が優れているからなんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain それは見た人が決めることです、それがワガママに見える人にはワガママってことですね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain でも、なんだかんだ言ってキチンとしてる人もいるでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain もちろんですよ、他の星座だって疲れるでしょ「その気持ちを言う」って所が大きな違いで、別に弱いわけでも根性が無いわけでもありません。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain あー、そうかも、文句言うからって、サボったりはしないのが普通だもんな。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain もちろん「言葉にする」と、自分にも周囲にも影響を与えます、その為に実際にガマンが足りないと言う印象を与える人部分もあるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain で「体」を手に入れた後に出会うのは「他の体」です。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 他の人ってことだ。双子座のコミュニケーションだね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうです、そして知識の違いも出てきて世界が広がります。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain 好奇心も出てくるね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain じゃ、逆に言うと、牡羊座と牡牛座にとっては他人はあまり関係ない、とも言えるんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152205g:plain とは言え、現代の日本で、コミュニケーション無しで生きていくことは簡単ではありませんね。だから無いわけではありませんよ。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain コミニュケーションと言う面では、双子座はそれが得意と言うことか。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain まあ、比較的にそうなります。でも、そんなに簡単には決められません。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152540g:plain と、言うと?

 

f:id:KAERUSAN:20171111152503g:plain 重要なことを忘れてはいけません、星座は、価値観、考え方が判ります。行動や、考え方の「原因」がわかります。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain コミュニケーションが重要だ、と考えるから、上手くいく、とは言い切れないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152205g:plain そうです、コミュニケーションのことを考える時間も長くなりやすいので、上手くなる確率は高いですが、相手もあることですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain でも、上手くいかなくても、悩んで克服して更に上手くなるかもしれないし、自信を失ってしまうかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 重要だからこそ、悩む、そういうものだね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain くわえてもう一つ言うと双子座が、コミュニケーションが上手くなる理由は、

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain 場の空気を壊したくない、と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain ですから、周りのみんなにも気を使いますし、他の人の機嫌にも注意します。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain それが優しさになるわけだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そういうことです。優しさと感じる人が多い、それは優しい、と言うことですね。

 

f:id:KAERUSAN:20171226203351j:plain

 

牡牛座、双子座、似ている所

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain これが思いつかんなぁ、似てない。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain いや、となりの星座ですから、やっぱり似ているところはあります。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 考えなくても反射的に星座を使うところです。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain どういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 相当強く意識しないと、意識せずに星座を使ってしまいやすいです。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain 牡牛座は、自分の「感覚」を伝えたいし、双子座は、周囲の空気を読んだ行動を取ってしまいがちです。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 星座ってみんなそうじゃないの?

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain たしかに抑えがたいものですが、他の星座の場合「~だから、こうする」と言う気持ちで自分の星座を使うのが普通です、しかし、牡牛座は感じたら言うし、双子座は空気を読んで行動していると言うより、読まずに行動することが出来ない感じです。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 星座を使う時に後からこじつける言い訳なんて実際たいした意味は無いのですが、その場所を意識的に書きかえられれば改善しやすいですね。しかし気付いたら終わっている感覚なんですね。牡羊座もそういう所はあるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain そういう意味でコントロールが難しいのか。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain そういう部分はあるでしょう。自意識が持ちにくいと言えます。

 

牡牛座、双子座違う所

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain 全然違うじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうですね、でも一つあげるとすれば、双子座は自分の気持ちが判りにくいです。場の空気が自分の気持ちと言えなくもありません。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain たしかに大違いだね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain ハッキリ言って、双子座の方が、相手を気遣う形になるから上手く行きやすいんじゃないの。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152503g:plain コミュニケーション能力と優しさ、と言う形になりやすいのでそうも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212354g:plain でも、今までの星座のストーリーから考えると「体」の外側まで「自分」が拡がっていて「自分」がすごく判りにくいんです。場の空気が自分の一部と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 周りに合わせすぎて苦しくなって、よし、これからは自分を出していくぞ!なんて思ってもカンタンには上手くいきません。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain あー、そう言えば双子座はタロットカードでみると「恋人」って「迷い」がテーマのカードだし、スモールカードも「妨害」「残酷」「破滅」なんて名前のカードだったなぁ。

 

f:id:KAERUSAN:20171111152540g:plain そう思うと、牡牛座のように自分の気持ちがバッチリ強いのもメリットなのか。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212515g:plain 牡牛座の人は「感覚」が優れているので、雰囲気の悪さなどには弱いですが、人間関係の気まずさなど、気まずい時は気まずいけど、相手がいなければ忘れて他の楽しいことに夢中になったりしますよね。イヤならイヤだ、と言う行動もとりやすい。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212314g:plain あー、本人はそれなりに辛いんだろうけど、失恋とかしても全然平気そうな人とかいるな。ある意味独立している。

 

f:id:KAERUSAN:20171110212005g:plain そう考えると一長一短、どれがいいとかナカナカ決められないね。

 

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain そうですね、ケースバイケースですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20171111210525j:plain

f:id:KAERUSAN:20171110211621g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「おうし座」「ふたご座」の記事もごらん下さい~☆ ホロスコープを作りたい場合は「ホロスコープ作成」を是非どうぞ。