かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

いかなる状況にも対応する哲学 射手座「柔軟宮」「三区分」

f:id:KAERUSAN:20190522183623j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「三区分」の「柔軟宮」の射手座のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20190408183327g:plain 射手座は考える星座、自分の知識や直感にしたがって行動する哲学的な星座だね。

 

f:id:KAERUSAN:20190521155659g:plain 射手座は、考え続ける理由が欲しい、そしてその考えを試してみたい。自分の直感を試してみたい、ってことだ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain 射手座って、なんか、天秤座とか水瓶座とも似ている気がするよ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain 似た部分も大いにありますね、でも、もちろん違います。ですから、得意、不得意も違います。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain そう言えば、天秤座は「活動宮」、水瓶座は「不動宮」、射手座は「柔軟宮」だな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain そういうことも違いを判りやすくしますね、今回は「柔軟宮」の「射手座」のお話です~☆

 

www.kaerusan01.com

 

 

「柔軟宮」射手座

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 天秤座、水瓶座、射手座は頭の回転が良い感じだけど、何が違うのかな?

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain まず、天秤座は「活動宮」ですから「理想」を求めて、形にしようとします。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain その探し方、考える方法は「四要素」で言語、論理の「風」ですから、言葉で組み立てて行きます。

  

f:id:KAERUSAN:20190328230619g:plain そのために「議論の一致」を使おうとするので話し合いたがりますが、勝ち負けの議論になる人は問題を抱えがちです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230424g:plain 理想を目指し、議論、話し合いを好むんだね。まあ、言い負かすのが楽しい人もいるだろうけど。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain 天秤座と同じ「四要素」の「風」の水瓶座は?

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain 知恵を使うこと自体が目的ですね。論理と議論によって「理想」を目指すことで進化した「論理」を「科学」に持っていくイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain と、言いますと?

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 水瓶座は頭を使うこと自体が目的です、ですから「理想」は目指していません。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235320g:plain ええ!でも、水瓶座は改善のイメージが強いよ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain それは知恵の良い使い方と言えますね。ただ水瓶座は知恵を使いたい、「変化」を望むイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain ですから、せっかく持っているモノでも興味を失うと簡単に手放すことも良くあることです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain 天秤座の人もそういうのあるじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20190329002948g:plain 天秤座の場合は、論理と言葉を守る、と言う「話し合いの前提」としての契約重視的な考え方があるので、天秤座にとって筋を通す、話し合いの不一致によって、損得に関わらず関係を絶つ、と言うことはあります。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain 理由が違うのか。

 

f:id:KAERUSAN:20190329173833g:plain そうです、原因が違うので、上手く行かない場合の対策も違うので、見た感じで何となく対策しても効果が期待できません。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして水瓶座は「不動宮」ですから、知恵、考えること、それによる「変化」を追いかけ続けます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain ですから、動きが違うわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain じゃあ、射手座は?

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 射手座は「四要素」では直感の「火」です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain 全然違うはずなのに、なんか天秤座や水瓶座と似てるんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain どちらかと言えば、水瓶座に似ていますね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 大きな違いは「四要素」で「火」の星座ですから、論理的な思考ではなく直感的です。

 

f:id:KAERUSAN:20190329173833g:plain 「直感」は、自分の内側に積み重なった知識や経験から閃くイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain その閃きを得るために直感的に情報を集めます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain イメージとしては、自分の考えが正しいことを証明する、自分の考えを形にするような情報を求めます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain そして、状況を理解し、どうなるかを予測し、その理論に従って、自らの考えを試すのが射手座の求めることです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain うーむ、ビミョウな違いだな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 射手座は、直感の「火」ですから、「活動宮」の牡羊座が最初に掲げた「理想」、自分の思い通りにしたい、自分のペースで行動したい、と言う「支配」と言う理想です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain 射手座は、自分の思い通りにしたいの?まあ、誰でも思うことだと思うけど。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230731g:plain いや、「活動宮」「不動宮」と来て、そして射手座の「柔軟宮」にたどり着いた時には、「自分の考えを形にしたい」「考えたい」と言う形に変化しています。それを「思い通り」にしたいのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 大きく変わったね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 「柔軟宮」は、「不動宮」の行き過ぎで行き詰った所から学び、情報と言う客観性を重視することで始まるからです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 情報を扱って、アイデアを出して、それを、何かの形にしたい。と言う形で行動するんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain 言いかえれば、それが出来なければ充実しにくい、と言うことですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190523172959j:plain

 

「柔軟宮」射手座のイメージ

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain 射手座は「不動宮」で行き詰った所からカラを破って、情報、と言う方向に意識を移します。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain 何でそんな風に変わるの?「四要素」の「火」のイメージは、けっこう戦いのイメージだよ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そうですね、思い通りにするには、勝つことや認めさせることが大切ですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain しかし「柔軟宮」は「現実」が目の前に近づいています。ですから、ある意味、望みや夢の大きさより、作業自体を楽しむイメージになって行きます。

 

f:id:KAERUSAN:20190521155615g:plain あと、「思い通り」にするのは人である必要はない、と気付くわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain リアルさとか実用性が大切になるんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain そうです、その入り口が「情報」なのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして、情報を集め、訓練を積むと、その技術や知識を何かに使いたくなってきます。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 試したくなるね。

  

f:id:KAERUSAN:20190521155615g:plain そして実際に試す、となると様々な問題にぶつかります。

 

f:id:KAERUSAN:20190521155659g:plain 頭で思うのとは違うよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190430201259g:plain そうです、そこで『さらに突き進む射手座』と『そうでない射手座』に分かれます。

 

f:id:KAERUSAN:20190408183327g:plain なるほど、現実は厳しいもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain しかし、実際に試さないから、逃げている、と言う訳ではありません、射手座の目的は「自分の閃きと、それを支える知識を深め、確認することです」現実化や商業化にこだわれば、かえって、そこで終わりと言う面もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain うーむ、射手座は哲学の星座だからか。深めるのは哲学的だね。

 

f:id:KAERUSAN:20190422175200g:plain 深く考え、多くの知識を身に付けてこそ、直感的に対応することが出来ます。

 

f:id:KAERUSAN:20190329002948g:plain その知識の積み重ね、その知識の実用、その『知識と経験の柱』を作ることこそが射手座的と言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190408183327g:plain 哲学の星座、考えるのが好き、射手座は、そう言う星座なんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain そう言って良いでしょう。初めて見る状況であっても対応できるのは、自分の中の考え、価値感があるからです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain それは「哲学」、知恵を愛する学問、と言って差し支えないでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20190329175941j:plain

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から「いて座」「三区分」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain 自分の星座をキチンと調べたい方はカテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、「ホロスコープ作成」をごらん下さい、カンタンに無料、登録無しで自分の「ホロスコープ」が調べられます。