かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

安定を目指し成長し、成長することで役目を果たす 山羊座と蟹座「4ハウス」と「10ハウス」

 

f:id:KAERUSAN:20210105140223g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「4ハウス」と「10ハウス」という「ハウス」のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20210105140230g:plain 今回は「4ハウス」が山羊座で「10ハウス」が蟹座のお話だね。

 

 「4ハウス」は「安心感」だから「家庭」を意味するとも言われるよね、そして「安心感」に「成長」は欠かせないよね、その「4ハウス」が山羊座。

 

 要するに「社会」で昇り詰めていくことで「成長」するんだ。

 

 …?

 

 当たり前じゃない?

 

 そう言って良いでしょう、しかし、今回の場合、要するに「4ハウス」山羊座であれば山羊座的欲求が達成されないと不安なのです。

 

 あ、そうか、活躍できないと不安になっちゃう、だからこそ頑張るのか。

 

 そうです、しかし、本人が頑張っても解決できないケースもありますね。

 

 自分のせいじゃなくても、仕方ない、とは思えないのか。

 

 不安だと「本当にやりたいこと」に挑戦しにくいですよね。

 

 山羊座は元から不安になりやすいもんね。

 

 まあ、不安をバネに頑張る星座、とも言えますけどね。

 

f:id:KAERUSAN:20210105140134g:plain では、今回は「4ハウス」と「10ハウス」のお話です。

 

www.kaerusan01.com


 

 

 

「4ハウス」

 

 「4ハウス」が山羊座だから「社会」で認められたい、そして、認められないと不安になる、だからこそ頑張って「社会」で安定しようとする。

 

 そうです、そして「ハウス」ですから、実際に行動します、これは「惑星」が山羊座にある場合と似通っている時もありますが、「惑星」は自覚が強いのでかえってプレッシャーが強いです。

 

 そうか、「4ハウス」が山羊座、と聞くと山羊座のイメージでプレッシャーで苦しむイメージもあるけど、無意識にそうしないといけない、要するに「社会」を信頼し、そこで安定を図ることが最も賢い選択と感じるのか。

 

 そうです、山羊座ですから「感覚的」に、「4ハウス」ですから「感情的」にです。

 

 え!どっちなの?

 

 両方です、占いは「現実の人間、現実の現象」を理解、予測するための道具ですから、本物に近くないと全く意味を成しません。

 

 そう考えた時に「四要素」や「星座」などは単体と言うより複雑に混ざり合い振動しているイメージです。その矛盾点から人間らしい葛藤が生まれてきます。

 

 そうか、実際には割り切れない気持ちってあるもんね。

 

 判っちゃいるけど、やっぱり「心配」でも、諦められない、そういうもんです。

 

 さらに無意識的な「ハウス」自覚しやすい「惑星」と言いますが、「太陽」と「冥王星」では自覚の度合いも違います。

 

 実際の人間は複雑、だからホロスコープも複雑なんだね。

 

「10ハウス」

 

 

 「成長」と「安心感」を求める蟹座。「10ハウス」だからそれを「社会」でやっていきたい。

 

 実際にはどんな感じなの?

 

 「10ハウス」は「社会」ではこうでなくてはいけない、という感覚です。当たり前すぎて出来ないと内臓が苦しいような不安感です。

 

 ですから行動には影響は大きく出ますが、あくまでも「感覚」ですし、実際には「そう出来るように努める」と言う感じですかね。

 

 任務感というより当然、気付いたらしている感じだ。

 

 それが蟹座ってことは、自分が「成長」する、他者が「成長」する、とにかく誰かを「成長」させる、その意味で、支え合う、そういうのが当たり前な感覚なんだ。

 

 そうです、そして「感情的」な「惑星」の「月」的な不安感や安心感を生みます。

 

 「社会」で「成長」したい、そしてそれが出来ないと「不安」になる。

 

 そういうイメージに「惑星」の自覚などを足し合わせていくと、気持ちを理解することが出来るでしょう。

 

www.kaerusan73.com

風地観(ふうちかん)はタロットの「杯の6」蠍座の11度~20度と対応します。

 

f:id:KAERUSAN:20190205214840j:plain

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「ハウス その他」「やぎ座」「かに座」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain かえるさんの占いについてはカテゴリー「かえるさんの占い」または画面下の方をごらん下さい~☆