かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

インターセプト 挟まれた星座~Intercepted

f:id:KAERUSAN:20200528093336j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20200307234814g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「インターセプト 挟まれた星座~Intercepted」というお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234404g:plain 挟まれてる?

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain 簡単に言えば、ハウスのカスプ(尖点:せんてん)の無い星座のことです。「インターセプト」「狭在(きょうざい)」と言います。

 

f:id:KAERUSAN:20200307231234g:plain あー、そういうのあるね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307201121g:plain 何か変化があるの?

 

f:id:KAERUSAN:20200307200157g:plain そうですね、今回はそのお話をしたいと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20200307235526g:plain では、「インターセプト」のお話です~☆彡

 

f:id:KAERUSAN:20200307195917g:plain ※このブログでは「ハウス」はプラシーダスハウスシステムのみを扱っております。

 

 

挟まれた星座

 

f:id:KAERUSAN:20200307201121g:plain ハウスの中に入り込んで、カスプ(尖点:せんてん)が無い星座のことだね。

 

f:id:KAERUSAN:20200528103118j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20200307201121g:plain この例だとピンク色になっている、蠍座と牡牛座だね、「ハウス」に挟まれている。

 

f:id:KAERUSAN:20200307201121g:plain 何が違うの?

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain カスプ(尖点:せんてん)はハウスの区切りですが、簡単に言えば、

 

f:id:KAERUSAN:20200307200157g:plain 星座の出力場所です。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain 星座の出力場所?

 

f:id:KAERUSAN:20200307195917g:plain そうです、その場所から「星座」を表現していくイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20200528133442j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20200307231453g:plain 今回の例では「4ハウス」のカスプが天秤座にありますから、仲間や家族など、一体感や安心感を何に求めるか、何から得られるか、を示します。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain ほうほう、天秤座でも最後の方だから「休戦」かな。「休戦」は天秤座の最後の10度だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain その通りです。ですから、天秤座の中でも「木星」的な相手に合わせる柔軟性などを持っているイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195917g:plain カスプのサビアンも意識すればより具体的にイメージをつかめるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194817g:plain ハウスのカスプもサビアンが有効なんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194435g:plain この「4ハウス」の入り口を、通らないと「蠍座」は出力出来ない、ということです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194239g:plain 蠍座だから、心のつながりとか、究極とか、目に見えない感情的なことを重要視するイメージか。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194817g:plain 天秤座を通さないと発揮できないから、論理性とか言葉が重要なポイントになるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200157g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194928g:plain そして「インターセプト」している星座は「自覚しにくい」のも特徴です。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain この「自覚しにくい」ことによってコントロールが難しいので、結果としてはものすごく大きい場合とほとんど表面化しない場合があります。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain じゃあ、大きいとも小さいとも言えないんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194305g:plain 本やブログなどで「影響が大きい」という説明や「影響が小さい」という説明を見かけますが、そういう結果を安易に求める姿勢だと正確な鑑定は出来ません。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194435g:plain だって「インターセプト」してるにしても、どのハウスで何座なのか、その人の他のハウスの構造、惑星の位置などからハウスの内容も変わりますし、その人の状況によってハウスの重要度も変わるわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194239g:plain うーむ、難しい。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194817g:plain でも、そう考えると「影響が大きい」「影響が小さい」は安易に決められないね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194928g:plain そして「影響が大きい」「影響が小さい」は鑑定とは言えません、『何がどうなってどういう理由だから「影響が大きい」』と、内容も判らなければ意味がありません。大きい、小さいなんてどうでもいいことです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194305g:plain 実際の鑑定では、もっと細かい話になりますが、こういうことが大切なことです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195607g:plain そうか、きちんと判らないと自覚も出来ないし、コントロール方法も作れないし、コントロール出来ていないことさえ自分で判らないんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20200528225406j:plain

 

惑星の存在

 

f:id:KAERUSAN:20200307201121g:plain 「インターセプト」していると「自覚しにくい」んでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307231453g:plain そうですね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195607g:plain それじゃあさ、そこに「惑星」があったら、どうなるの?

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain 「惑星」は「ハウス」より自覚しやすいじゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200157g:plain そうですね、「ハウス」は行動に出やすいですが、自覚はしにくいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194817g:plain その「ハウス」の中でも「インターセプト」はもっと自覚しにくい。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194239g:plain そこに自覚しやすい「惑星」があったらどうなるのか?ってことよ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194435g:plain 自覚があっても表現しにくいし、解決策が判りにくいのでモヤモヤしやすいですし、無自覚な場合はさらに「不安」や「不満」につながりやすいですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194817g:plain じゃあ、さっきの例で蠍座に「月」があって、蠍座が「失望」だったら?

 

f:id:KAERUSAN:20200307231453g:plain 「月」ですか、だったら「4ハウス」にさらに影響を与えますから、蠍座の「月」を使えないと、かなりの「不安」や「不満」、「自信の無さ」になりやすいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain 「自信の無さ」?

 

f:id:KAERUSAN:20200307200157g:plain 「月」ですから「安心感」に大いに影響します。使えていない場合、自分自身に対する信頼感が弱くなりやすいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain そして蠍座の最初の10度の「失望」ですから、期待は大きいですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195607g:plain じゃあ、どんな感じになるのかな?

 

f:id:KAERUSAN:20200307194928g:plain 4ハウスのカスプは天秤座の「休戦」ですから、上下関係やタイミングをよく考えて、人それぞれだということを踏まえつつ相手と話し合い、議論をしようとするイメージです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200157g:plain そういうイメージの中で「安心感」を作っていくことが出来る訳ですが、その流れでしか蠍座の「月」を使えないので、使いにくい面もあるわけですが状況が作れれば問題は無いとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195817g:plain それで「月」は惑星(ホロスコープでは「月」「太陽」「冥王星」も惑星と言います)だから自覚しやすい、そして今回の例では「失望」だから、大きな期待を持つ、そこに向かうこと、満たすことで「安心感」が作れるわけだ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain 蠍座は、心のつながりとか究極的な何かを追い求めたい、そして期待が大きいんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195607g:plain それを論理とか言語とか話し合いなどを通すことで満たすことが出来る訳だ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234404g:plain じゃあ、しっかり話し合えることが大切なんだね。自分の力も周囲の人の能力も問われるね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307231453g:plain まあ、ホロスコープは部分だけでは断定できませんが、まあだいたいこういうことです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194239g:plain いや、十分難しいよ。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain そして「4ハウス」が「インターセプト」していれば反対側の「10ハウス」も「インターセプト」していますよ、今回のケースでは牡牛座も「インターセプト」しているはずです。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain だとすると、「4ハウス」のカスプが天秤座だから、反対側の「10ハウス」のカスプは牡羊座か。

 

f:id:KAERUSAN:20200307234839g:plain 「4ハウス」のカスプが天秤座が最後の10度の「休戦」でしたから、「10ハウス」のカスプは牡羊座の最後の10度の「成就」です。

 

f:id:KAERUSAN:20200307194817g:plain 結果じゃなくて、やりたいことを思い切りやって挑戦してみたいって感じだ!

 

f:id:KAERUSAN:20200307195817g:plain そういう挑戦を通して、牡牛座的な継続性とかマイペースさを手に入れていくのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20200307200433g:plain 「インターセプト」のデータからのストーリー作りはナカナカ難しいね。

 

f:id:KAERUSAN:20200307195917g:plain そうですね、基本をしっかり押さえることが大切ですよ。でもストーリーが作れないとその人の考え方の流れが判りませんから鑑定に入ることが出来ませんからね。

 

f:id:KAERUSAN:20191204014604j:plain

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「占いのお話」「ハウス」「ハウスその他」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain かえるさんの占いについてはカテゴリー「かえるさんの占い」または画面下の方をごらん下さい~☆