かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

コミュニケーションの向こう側「二区分」「男性星座」双子座

f:id:KAERUSAN:20181110192126j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「二区分」の双子座のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170658g:plain 「男性星座」の「双子座」では「集団」に入っていくんだよね。「問題提起」に当たる。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そうです。そして次回の「蟹座」では、その「回答」とも言えるやり方を示します。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 「可能性」の減少による「安定」だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain その点が「男性星座」と「女性星座」の大きな違いですね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain では今回は「男性星座」の双子座のお話です~☆

 

www.kaerusan01.com

 

 

「生命の樹」

 

f:id:KAERUSAN:20181024170114g:plain 双子座は「群れ」「集団」を作る、維持する、参加する、って感じだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain そうですね、双子座はネットワークを作ること自体が目的と言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そこには強い好奇心もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170658g:plain 双子座的だね。今回も「生命の樹」を見て行くんでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そうです「生命の樹」はこちらです。

 

f:id:KAERUSAN:20181110221951j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain 緑色の部分が「双子座」と対応していて、青色の部分が「蟹座」に対応しています。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171021g:plain 今回は「土星」と「太陽」の緑色の部分の話だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain そうです。「3」と「6」の話でもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20181110222338j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 「3」が「土星」と対応していて「ビナー(理解)」だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170859g:plain そうです「6」が「太陽」と対応していて「ティファレト(美)」と言います。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain その間に双子座があるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain そうです、では「生命の樹」を見ていきましょう。

 

「双子座」の「集団」を「生命の樹」で考える

 

f:id:KAERUSAN:20181024173418g:plain 「集団」と言うワードで「双子座」と「蟹座」が対になっているんだよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172825g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024194809g:plain どっちも「3」の「ビナー(理解)」から来ているんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172535g:plain そうなんです。そこがすごい大切で「3」は「土星」とも対応していますから、物理的に、生きるために何が必要か、と言うのが出発点になります。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain 「生存本能」と言っていいでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain そうか、集団で居たい、と言うことは「生存本能」から発生している、ってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain ホモ・サピエンスは特に単体では猛獣に勝つのは厳しい生き物でしたから、集団で暮らすことは、重要な知恵だったと言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain じゃあ、ここまでは「双子座」も「蟹座」も同じだ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173205g:plain そうです、大きな違いは、目指す場所ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain 双子座は、「6」「太陽」「ティファレト(美)」に向かって行って、

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain 蟹座は、「5」「火星」「ゲブラー(力)」に向かっていく。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain そうです、「3」「5」「8」は「峻厳(しゅんげん)の柱」と言います、そして、「1」「6」「9」「10」は「中央の柱」と言います。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain 今回の双子座は「峻厳(しゅんげん)の柱」と「中央の柱」をつないでるね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain 要するに、生きるため、と言う「生存本能」から出発して「理想、願望、自己実現」に向かっていくのが「双子座」と言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173418g:plain なるほど、そう聞くと「双子座」の楽しい感じや「知的欲求」のイメージがわいてくるな。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain 生きるために「集団」が必要、でも、そこではみんなが自由だから、色々な考えや、色々な知識が広がっている、

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain 蟹座みたいに、1つの目標じゃないからか!だから、自由で可能性があるんだね!

 

f:id:KAERUSAN:20181024173205g:plain 全くその通りです、その代わり、敵か味方か判らない人たちばかりですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain そうだね、不安だよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain でも、そういう中で「味方」を作るにはどうしたらいいでしょう?

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain 何だろう?

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain 広くコミュニケーションを取るしかないですね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain おお!双子座っぽいな!

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain しかし、上手にやろうと思えば、

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain 空気を読まないとね!

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain そうです、双子座らしいですね。双子座は、思い切りは良くないほうですが、好奇心は強いですね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain そうだよね、難しい所だね。何が起こっているんだろう?

 

f:id:KAERUSAN:20181024185359g:plain だから自分を守るために先を読んでいるんですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain ああ、先を読むから、余計に警戒するんだ。考えすぎてしまうこともある。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain だから、腹がたっても、とりあえずガマンしておく。それによって優しさが作られます。

 

f:id:KAERUSAN:20181111040830j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain そうか、手遅れになる前に気を利かすのは、誰にでも出来ることじゃないもんな。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172320g:plain しかし双子座は、そのせいで、相手のワガママを引き出してしまうこともあります。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173012g:plain あー、いつも優しいとね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain それは、考え、言葉によって、最悪を考えるせいで、その最悪になるくらいなら、とガマンすることで起こります。

 

f:id:KAERUSAN:20181024185359g:plain 双子座の対応するヘブライレターの「ザイン(剣)」は自らに向けられた刃(言葉)とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173012g:plain なるほど、でも、それが双子座のソフトな優しいイメージを作っているんだね。

 

「男性星座」「双子座」

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain でもこうしてみると「双子座」は何をしたいんだろう?

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain ネットワークを維持するためには最適とも言える行動をしてるじゃないですか。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171218g:plain あ、そっか、「集団」でいることは、それだけで生きるために必要なんだもんね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171116g:plain そうですよ、社会に居なければ、生きていくのは今だって大変でしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain そう言えば、そうだね、1人でなんか生きていけないや。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172535g:plain 近所の人にあいさつするだけでも、安心感があるでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024173418g:plain たしかに、黙っているより、あいさつする人は良い人に見える。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain 双子座の人は、そういうことを円滑にするわけですから、

 

f:id:KAERUSAN:20181024194809g:plain そうか、距離がある時に親しくなるのには有利だね、だから親しくなってからが相手に譲りっぱなしになったりしてしまうのは仕方ないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain でも、不満が溜まるね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain だから、好奇心で動いていくんですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20181024175352g:plain え!もしかして、親しくなりすぎないため!?

 

f:id:KAERUSAN:20181024185359g:plain 生きる知恵とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain 双子座は「ネットワークを作りたい!」を容赦なく追求した星座なんだ「男性星座」的だね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain そうです、「自分」以上にそれを優先しているんです。

 

f:id:KAERUSAN:20181024171351g:plain その代わり「可能性」と「広がり」に満ちてますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024194809g:plain たしかに、気心が知れた仲間に限定しないことが、広がりを生んでいるね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172732g:plain しかし、取り留めの無さ、と言う短所を意識すると「蟹座」が見えてくるんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20181024172138g:plain 蟹座はその1つの「回答」と言えますね。

 

www.kaerusan01.com

f:id:KAERUSAN:20181024221715j:plain

f:id:KAERUSAN:20181024170350g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から「二区分」「ふたご座」「タロット 生命の樹」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20181024170114g:plain 自分の星座をキチンと調べたい方はカテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、「ホロスコープ作成」をごらん下さい、カンタンに無料、登録無しで自分の「ホロスコープ」が調べられます。