かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

アポロンの恋 報われぬ愛 ギリシャ神話「太陽」占いえほん

f:id:KAERUSAN:20190228141836j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190204145113g:plain こんにちは、にわとりさんです。今回はギリシャ神話の「アポロンの恋」のお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20190204153216g:plain アポロンはホロスコープの「太陽」とも対応するから、アポロンのお話から「太陽」のイメージをふくらませたいね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204145044g:plain そういうことです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204145113g:plain では、今回は「アポロンの恋」のお話です~☆

 

 

「ダフネ」

 

f:id:KAERUSAN:20190228144121j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190204145044g:plain このお話はとっても有名で、一番最初のオペラの題材にもなりました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204150749g:plain ほぉ、そうなんだ、いつなの?

 

f:id:KAERUSAN:20190204152206g:plain 1597年ごろのイタリアです。ヤコポ・ペーリが作りました、ただ、現在では作品は残っていません。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain ちなみに残っているもので一番古いオペラは、モンテベルディの「オルフェオ」です。

 

f:id:KAERUSAN:20190204150749g:plain オルフェオも神話の人だね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152206g:plain 神話は話が判りやすいですからね。ストーリーが理解しにくいと感情移入できませんから。

 

f:id:KAERUSAN:20190204153216g:plain で「ダフネ」はどんな話なの?

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain 恋のキューピットとしての「エロス」(原初の力、大地の女神ガイアと同格のエロスとはまったく別です)とアポロンが一緒にいました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain すると、アポロンが「そんな小さい弓がなんの役に立つんだい?」と、エロスをバカにしました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain エロスは大変、怒ってアポロンを困らせることにしました、そしてアポロンを、恋をする金の矢を射て、相手を嫌いになる銀の矢を、妖精のダフネーに射ました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain おお!それはきついね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain その時からアポロンはダフネに激しく求愛しました、そしてダフネは逃げ続けました、しかし、アポロンは追いかけ続け、ついにダフネを捕まえる瞬間に、

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain ダフネは、父親の河の神に頼んで、自分を月桂樹に変えてもらいました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151606g:plain 木になっちゃったの?

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain なっちゃいました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204185636g:plain それ以降、アポロは愛の証として月桂樹を身に付けるようになりました。

 

f:id:KAERUSAN:20190207172243g:plain なるほどね、良い話や。

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain その後、アポロンはダフネの姉妹のキュレーネと恋をしてアリスタイオスが生まれました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204162137g:plain なんや!そのオチは!全然良い話じゃなかった!

 

「コロニス」

 

f:id:KAERUSAN:20190228153001j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190204185636g:plain アポロンはコロニスと相思相愛で、二人は深く愛し合っていました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204153216g:plain 平和なスタートだ。

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain しかし、アポロンは、忙しくてコロニスに会いに行くヒマが無かったので、メッセンジャーの白いカラスが、コロニスに愛を伝えていました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204145113g:plain 今で言うLINEかな。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain しかし、会うヒマがなかったせいなのか、コロニスは他の男性と結婚してしまいました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain あらー、残念。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151446g:plain 怒ったアポロンは、コロニスとその男を射殺しました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152113g:plain えー!恋愛物語の枠を超えてるよー!!アポロンも放っておいたくせに!

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain で、射殺してみると、アポロンも冷静になり後悔しました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204162137g:plain 射殺はまずいでしょ、頭悪いな。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152206g:plain そして、コロニスのお腹に宿った、自分の子供アスクレピオスを、賢者として名高い「ケイロン」に託したので、アスクレピオスは医術の神となりました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151606g:plain なんか、アポロン恋愛で悩むタイプだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain そして、白かったカラスは、アポロンに「お前はずっと喪に服せ!!」と八つ当たりをされて、真っ黒になりました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152113g:plain カラスは今も黒いじゃん!!黒いからたくさんいると余計に怖いんだよ!アポロンのせいなのか!!

 

「カサンドラ」

 

f:id:KAERUSAN:20190228154922j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain アポロンは、トロイアの王女カサンドラに恋をしました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204150749g:plain お!トロイの木馬のトロイアだ、映画で見た。

  

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain アポロンは、カサンドラに恋人になってくれたら、予言能力を授けると約束をして、カサンドラに予言能力を授けました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151446g:plain そうすると、カサンドラには、すぐに自分に飽きてしまうアポロンが見えました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain おおぉ、それはきついね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain そして、カサンドラは、アポロンを避けるようになったので、アポロンは怒って、カサンドラにツバを吐きかけて「誰もお前の言うことを信じないようにしてやる!」と言って去りました。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain 予言能力を取り上げればいいじゃん。ツバって無いでしょ、ツバって。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152113g:plain あ!このカサンドラって、トロイの木馬は危険だからもらっちゃダメ、って言ったのに信じてもらえなかった人だよね!

 

f:id:KAERUSAN:20190204145044g:plain そうです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain 誰も信じてくれなかったんだね。

 

神話の意味を考える

 

f:id:KAERUSAN:20190228143212j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190207012731g:plain アポロンは美青年設定だけど、恋には縁が無いね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain そうですね、ちょっと行動が極端ですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain まず、ダフネの話ですが、まず「太陽」は自己表現、自己実現を意味します、その意味で、恋愛と言うものにハマった時は、夢中になってしまいやすい、と言う意味でもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain そして、相手が追いかけることに夢中になりやすい、とも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151606g:plain なるほど、でも、奥手な人もいるよ。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151446g:plain そう言う人の場合、実際に追いかけなくても、思う時間が長い、行動したいけど出来ない、と言う形など、も有り得ますね、夢中になるという意味では同じです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204150749g:plain 追っかけたら、ダフネは木になっちゃったけど、追いかけちゃダメ、ってこと?

 

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain そうではありません、むしろ「太陽」は自己実現の星ですから、追いかけている間が充実しているとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190204185636g:plain 「太陽」だけ、非日常を追いかけるだけ、の恋なら、捕まえた所で終わり、と言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152113g:plain あー!、追いかけて、くっつくと終わり、また追いかけてくっつくと終わり、って人の恋か。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain 捕まえたら、終わり、なるほどね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain これは、最初にエロスをバカにした所から読み取れるのですが、アポロンは「太陽」だけのことを考えて、「ホロスコープ」の他の気持ち(惑星)を軽視した、その瞬間の考えだけで生きていることを意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20190204185636g:plain そして、追いかけるのが楽しい、と言うだけの恋愛の末路を示していると言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain 最初から相手が好きなのではなかった、相手そのものではなく、何かを追いかけたかっただけ、それが捕まえてみたら木だった、と言うことですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain なるほど。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151606g:plain コロニスのお話は?

 

f:id:KAERUSAN:20190204151446g:plain 「太陽」を欺くことは出来ません。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152206g:plain 人は、自分の「太陽」を満たしたいと思いますが、上手く行かないと「太陽」の目標を諦めます、しかし、他の何かで太陽を満たすことは出来ないのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain 「太陽」であるアポロンを欺いて、必要になるのは「癒し」です、ですから、アポロンの子供アスクレピオスは医療の神となったのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain でも、アポロンも悪いでしょ。放っておいたんだから。

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain でも、これは1人の人間の葛藤も意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20190204150749g:plain アポロンは、放っておいたけど、カラスのメッセンジャーは来ていた、ってカラスの声は「太陽」の声なのか!コロニスは「太陽」を無視して他の人とくっついたんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190204152206g:plain そうです、そして、それを無視してコロニスはアポロンに射殺されてしまったのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204162137g:plain うーん、でも、神話で「死」は成長も意味するんでしょ?

 

f:id:KAERUSAN:20190204145044g:plain そうです、ですから放っておくことで「太陽」が攻撃してきたのです、要するにヤケになったり、イライラするような、無気力になるような状態です。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain それを続けたら、癒しを手に入れなければ生きていけないですね。それは自分や他人に対しての優しさとも言えます。

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain 人は、苦労や失敗から優しさを手に入れるものです。

 

f:id:KAERUSAN:20190207172243g:plain あー、それ判るわ。

 

f:id:KAERUSAN:20190207012731g:plain カサンドラのお話は?

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain 「太陽」と言う自己実現、何かを達成したい、と言う欲求のみの恋の行く末は、冷めて終わる、と言うことを意味しています。

 

f:id:KAERUSAN:20190204155318g:plain そして同時に「太陽」をあざむくことは、自分を信じられなくなる行為と言う意味でもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain え、でも、「太陽」だけで恋をしても続かないって、

 

f:id:KAERUSAN:20190204154756g:plain 自分と言う人間の調和が必要です、「太陽」は強力で影響が強いですが、他の惑星や星座もとても大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20190204185636g:plain そして「太陽」と言う目標を捨てた人間は、自分に何かが出来る、と言う強い気持ちを持てなくなります。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151708g:plain それは、誰も信じてくれない、と言うことなのです。

 

f:id:KAERUSAN:20190204151327g:plain なるほど、納得。

 

f:id:KAERUSAN:20190204215117j:plain

f:id:KAERUSAN:20190204145113g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から「神話」「太陽」「恋愛」「えほん」の記事もごらん下さい~☆