かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

牡羊座 最強の怪物テュポーンの恐怖から逃げまとう神々

f:id:KAERUSAN:20170517201722j:plain

 

 

秋の星座「おひつじ座」

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は、実際の、おひつじ座とそれにまつわる神話についてのお話をします。星座占い、ホロスコープで性格を分析したり、深く楽しむためにもぜひごらん下さい。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain 実際の、と言うことは、空にある、おひつじ座だね。実際の星座は気にしてみたこと無いな。おひつじ座は、春に見えるのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain 実際の星座では、おひつじ座は、秋の星座です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain 秋なんだ、そういえば、実際の星座は、占いの星座とは、少しづつずれている、って言ってたね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そうなんです。ですから、白羊宮など「宮」と言う、そういうズレを修正した、システムで、星座占いは行っているので、毎年きちんと春は、おひつじ座で始まるんです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain ところで、秋の星座、って、おおざっぱだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain 秋から冬に見つけやすいですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181804g:plain え、秋から冬?長くない?そんなにずっと見えるの?

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain クリスマス頃の、夜8時ごろに空を見れば、だいたい、みずがめ座、うお座、おひつじ座、おうし座なんかが見えますかね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain そんなにたくさん見えるんだ!、ひと月ずつじゃないんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そうなんです。うお座の所に春分点、おひつじ座の頭の近くに、さんかく座があります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain さんかく座、聞いたことあるな。おひつじ座の頭って、イラストの、四つの星が、おひつじ座でしょ、イラストの通りの頭の所だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain そうです。そして、おひつじ座の左側に、おうし座があります。そこに有名な、プレアデス星団、「昴(すばる)」があります。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain おー「昴」!有名な星団だね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain あと、おひつじ座と、うお座の近くには、くじら座があります。うお座と、くじら座が、同じくらいの大きさなので変な感じもしますが、こだわっちゃいけません。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain 古代バビロニアでは、おひつじは「農夫」だったそうです、うお座の所が農地と考えたようです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain ぜんぜん違ってたんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain いや、これは、占い的にも重要ですが、意味は一緒です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain 一緒!!!どこが!!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain おひつじ座は占いでも、大変パワフルだが考えなく感情的になったり怒りをコントロールできないと、間違った方向に流されたり、扇動されやすかったりします。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain だから、聖書や神話などでも、未熟な羊、子羊は、生贄にされ(生まれ変わって成長すると言う意味)てこそ、神から守られると言う話は大変多いのです。子羊の生き血を入り口に塗れば、厄災から守られる話などです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 素晴しいパワーだけど、良く考えて使わないといけないってことか。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain それは、すなわち「農夫」「労働者」「庶民」と同じ意味なのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あー、マスコミに踊らされたりすることに気をつけなさい。ってことか。そういううかつさを諌めているんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 正しく使えば、素晴しい力なんだ、ということを心に置いておいて欲しいですね。

 

「おひつじ座」の神話

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain おひつじ座の神話か、知らないな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181153g:plain この話は実に深い意味があるのです。神々の王である、ゼウスのお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20170518012130j:plain

テュポーン:(テュポン、テュフォンなど、色々な呼び方がある)怪物の王、大変巨大で強力な怪物、腿から下は大蛇、肩からも無数の蛇が生えている、翼を持つ絵もある。「蛇」というモチーフには、知恵、悪知恵、欲望など、しし座な意味があります。このような怪物の場合、その否定的な面を意味します。

 

www.kaerusan01.com

 

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain ゼウス達、神々が数々の敵を倒して、調子に乗っていた時のことです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 調子に乗ってる、って神様なのに。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain そこにテュポーンが、襲ってきました、もう神々は大慌てです!各々、動物などに変身して、一目散に逃げ出しました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain 逃げちゃった!!マジで!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain この時に、動物に変身した神々の多くがエジプトのほうに逃げたため、エジプト神は動物の姿をした神様が多いなんて話もあるそうです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain テュポーン怖いんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain そして、その時ゼウスは、おひつじの姿になって逃げたのです、それが後に「おひつじ座」となったのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511193648g:plain なんでやねん!!!そんなん星座にするなや!!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain これには、大変深い理由があるのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain その後も、ゼウスとテュポーンの宇宙を揺るがす戦いは続き、ゼウスは雷で戦いテュポーンを追い詰めたのですが、結局、テュポーンがゼウスの両手、両足の腱を切断し、雷の武器を取り上げ、洞窟に閉じ込めてしまいました。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain なにそれ!!スゴイ展開じゃん!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain しかし、ヘルメスとパーンが、ゼウスを助け出し、再び争いは始まり激化しました。ゼウスは再びテュポーンを追い詰めたのですが、テュポーンは、運命の女神、モイラを脅し、願いが叶うと言う「勝利の実」を、奪い取りそれを食べたとたん、著しく弱って、ゼウスに倒されて封印されました。

 

f:id:KAERUSAN:20170512175809g:plain 勝利の実を食べたのに!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain 実は、望みのかなわぬ「無情の実」だったのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511193648g:plain なんだ!そんなことか!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain この話で重要なのはゼウスがなぜ逃げた時の自分「おひつじ」を星座にしたかです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191411g:plain そうだよ!そうだよ!

 

f:id:KAERUSAN:20170511182529g:plain ハッキリ言って人生を振り返って考えれば勝ったことなんて、過ぎたらたいしたこと無いです、油断していた自分、調子に乗っていたから、神々は逃げなくてはいけなくなったのです。ここを忘れては進歩はありません。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ですから、重要なのは、気を引き締めて、いつも油断しないことの大切さを忘れない為に、最初の星座を「おひつじ座」にしたと言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181413g:plain うーむ、なっとくだね。日本の徳川家康も武田信玄に負けたことを忘れないためのいましめに負けたときの絵を飾ってたな、たしかに。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain それにしてもテュポーンは強かったね、神々も危なかった。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain ギリシア神話の神々は、人間の考え方、性格を擬人化したものです。そう考えると、神々が逃げ出す、と言うのは、テュポーンは、精神的、肉体的に辛いこと、トラブルを意味します、そういうことがあると人と言うものは身に付けた知恵を役に立てず、慌ててしまいますね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あー、そうして、事実を見るんじゃなくて、もうダメだ!!って思っちゃう!

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain しかも、テュポーンは大変巨大で世界を覆うほどだ、と書いてあります、この「世界」は、個人、人間の心、認識範囲全て、と言うことです、タロットカードの「宇宙」「世界」等がこの意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain ああー、恐怖や、トラブルは、心の中で大きくなって他のことは考えられなくなってしまうよね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain そして、そういうトラブルは、有頂天になっていたりして調子に乗っている時に訪れるものだということを良くあらわした話なのです。

 

f:id:KAERUSAN:20170511181848g:plain しかも、ゼウスの大ピンチを救ったのは、ヘルメスとパーンです。これはヘルメスは、情報、知識を意味し、パーンは、やぎ座をあらわしますから目標を決めて、コツコツと頑張ること、を意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170511191013g:plain あー!!ピンチから立ち直るのに必要なことだね。情報集めと努力!!

 

f:id:KAERUSAN:20170511191411g:plain で、勝利の実と間違って、無常の実を食べて負けちゃったんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184922g:plain これは、願いをかなえる勝利と、決して願いの叶わないことが似ている、と言う意味でもあります。頑張り方を間違ったり、勘違いをしてしまうことを意味します。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain どんなに良く考えたようでも、わずかな見落としで、勝利は、はるか遠くに遠ざかってしまうものです。タロットカードの「運命」の車輪に張り付く怪物にもテュポーンはよく描かれます。これは、誰の人生にも繰り返し訪れるものだと言う意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain 神話って言うのは、深いねぇ~☆ そういえばさ「おひつじ」と言えば、アルゴノーツ号の英雄イアーソンのお話が有名で、その秘宝、黄金の羊毛皮(ゴールデンフリース)のお話なのかと思ったよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511183950g:plain もちろん「おひつじ座」にとって重要な話です。黄金の羊毛皮の羊には羽が生えています、本物の星座の星の周辺に書いてあるイメージイラストの羊には羽はありませんね、とは言え、黄金の羊毛皮の方を「おひつじ座」のエピソードとして取り上げる人もいます。そして、その要素は大変強く、重要なので問題は無いと思います。

 

f:id:KAERUSAN:20170511182842g:plain あー、この記事の一番上のイラストみたいな、実際の星座にイラスト重ねたやつか。確かに、走ってるイラストも多いな。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184545g:plain でも、こういう読み方ってあんまり聞いたこと無かったよ。

 

f:id:KAERUSAN:20170511184425g:plain これは、タロットを勉強している人には判る読み方です。西洋占星術でホロスコープを使って性格分析をするのに大変役に立つ知識ですから、ぜひタロットも楽しんでいただきたいですね。

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20170508223233j:plain

カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「神話」や「おひつじ座」もごらん下さい~☆