かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

仲間や家族に対する気持ち 第4ハウスと惑星

f:id:KAERUSAN:20190331172056j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20190325174935g:plain こんにちは、かえるさんです。今回は「第4ハウス」に各惑星が入った場合を考えていきます。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 「第4ハウス」は、家庭とか仲間を見るポイントだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 家庭ってことは結婚にも大いに関係あるね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain そうですね、仲間に対する一体感を求めるポイントでもありますから、仕事などにも大いに影響します。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain よく、結婚は「第7ハウス」って言うよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190329173833g:plain 結婚はイロイロなことが関わりますから、1つのハウスだけで考えるのは難しいですよ。だいたい結婚したら結婚と言う制度とダイレクトに関係のあることしかしなくなるわけじゃないですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain 「第4ハウス」の中の惑星も大切ですが、カスプが何座なのかも大切ですからね、そちらについてはこちらの記事をごらん下さい~☆

 

www.kaerusan01.com

 

f:id:KAERUSAN:20190204145044g:plain では今回は「第4ハウス」に惑星が入った場合を考えます~☆

 

 

第4ハウス

 

f:id:KAERUSAN:20190204145044g:plain 「第4ハウス」は、仲間や家庭に対しての行動を見るポイントです、惑星が入っている場合は、気持ち、自覚として重要性が高まります。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain ただ、生存本能に基づく安心感を、集団(2人以上)の一体感などに求める、と言うのが根本にあるんで、家族、会社、仲間、と決め付けすぎてもいけません。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 集団の能力を発揮させるための能動的な奉仕、いわゆる「愛」と言う視点も重要です。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain 惑星が入ってなかったらあまり重要じゃない?

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain そんなこと無いです、家庭や仕事など多くの人が大切で重要でしょ、意識の高さ、の違いですね。惑星が入ってなくても重要なものは重要です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain 重要視するからこそ、アレコレ気になって上手く行かないことも良くあることですからね。善悪は結果論ですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 「第4ハウス」は、単に「仲間」「家族」と言う意味でなく、生存本能的な安心感を求めた、集団で居たい、一体感が欲しい、という気持ちの感じ方、表現方法を示します。そのため、反集団的な存在の排除と言うイメージも含みます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain 「第4ハウス」は「月」の入っているハウスとのつながりが生まれます。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 「第4ハウス」に「月」が入っていたら、重要度、意識が高まる、ってことだ。

 

第4ハウスと「太陽」

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain 自己表現、自己実現、や充実出来ること、を示すのが「太陽」です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230424g:plain ここに「太陽」があるってことは、自己実現とか願望の場として「仲間」や「家族」に幸せを求める、と言う現れ方をしそうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain 一体感を求める気持ちが強まりやすいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain 周囲の人を思いやる気持ちで出ればとても良いですが、周囲に同じ気持ちを求めると上手く行かないかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 仲間に頼られる立場になった方が満たしやすいかもしれないね。

  

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain それもありますが、とにかく一体感が大切ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain そして「太陽」が入っているということは「第4ハウス」は、獅子座のあるハウスや「第5ハウス」とのつながりが生まれます。

 

第4ハウスと「月」

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain 「月」は無意識や安心感、心の自信などを示すポイントです。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 家庭や仲間と一体感があると、力を出しやすい、安心感がある、と言うことだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190329002948g:plain とても大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 「第4ハウス」のカスプが何座か、「月」が何座か、ってことをチェックして、そう言うことが、安心感や自信の源になるわけだ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 落ち着くために必要な要素です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 「第4ハウス」に「月」があるので、「第4ハウス」は強化されるイメージです。「第4ハウス」は、蟹座のあるハウスともつながりが生まれます。

 

第4ハウスと「水星」

 

f:id:KAERUSAN:20190328230424g:plain 「水星」はコミュニケーションや好奇心のポイントだね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain ですから、情報を集めたり、研究したり、コミュニケーションを広げたり、と言う行為で、仲間とつながったり、家庭のためになったりするような情報を集めたり、興味を持ったりするわけです、食べ物も含みますね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain ただ、一体感が足りないと、うわさ話などで仲間との一体感を深めようとして、敵を作ってしまうことがあります、非建設的な行為なので気をつけましょう。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain あー、うわさ話とかは一歩間違うと悪口になっちゃうからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「水星」が入っているので「第4ハウス」は「第3ハウス」、「第6ハウス」、双子座、乙女座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain その人が、ホロスコープ全体で双子座的か、乙女座的かでつながりの強さは変わってくるね。

 

第4ハウスと「金星」

 

f:id:KAERUSAN:20190328230424g:plain 「金星」は楽しみとか、恋愛を示すよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain 楽しみを家庭や仲間と力を合わせることに求めるのはいいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 恋人の好みとかにも影響するかな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain する人もいるでしょうね。一緒に何かをして楽しい、とかも人によって重要度が違いますからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 仲間とかに一体感を求めすぎると良くないですが、上手くやれれば楽しいでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 一体感を求めすぎると良くない、って具体的にどういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain 「蟹座」、「月」、「第4ハウス」が強い人は、仲間意識が強いので相手に同レベルを求めると、関係を壊しやすいですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain 良い意味で感覚や、お話を楽しめれば良いですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「金星」が入っているので「第4ハウス」は「第2ハウス」、「第7ハウス」、牡牛座、天秤座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain その人が、ホロスコープ全体で牡牛座的か、天秤座的かでつながりの強さは変わってくるね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230619g:plain そう言うことです。

 

f:id:KAERUSAN:20190402010505j:plain

 

第4ハウスと「火星」

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 「火星」は、元気と活力の惑星ですから、上手く行けば活力が出て、上手く行かないとイラついたり、無気力になったりします。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain 「第4ハウス」だから、仲間と上手くやったり、家庭が安らぎの場になると良いね。元気や活力になる。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain そうですね、「火星」は急ぎすぎてしまう所がありますので、イラつきポイントにならないようにしたいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain 下手すると家庭が争いの場になるのでご注意を。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「火星」が入っているので「第4ハウス」が、「第1ハウス」、牡羊座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

第4ハウスと「木星」

 

f:id:KAERUSAN:20190328230424g:plain 「木星」は、自己肯定、考える、哲学、癒しのポイントですな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain そうですね。

  

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain 「第4ハウス」に「木星」って例えば、家庭が「癒し」っていい感じだね、優しそう~☆

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そうなればいいですけど、ならなかったら、家庭で癒されない、ってことですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain そう言う言い方すると一気に寂しくなるな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain ま、仲間でもいいんですけどね。

 

f:id:KAERUSAN:20190329173833g:plain 家庭に癒しを求めすぎて、アレコレ言い過ぎてかえって乱さないようにすれば良いでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain 家庭はリラックス出来る場にしたいね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「木星」が入っているので「第4ハウス」が、考え方、哲学の「第9ハウス」、射手座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

第4ハウスと「土星」

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain 「土星」はしっかりやりたいポイントだね!

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そうです、ですから、出来れば自信になるし、出来なければ苦手なこと、キライなことになります。すっかり目を背けて生きる、と言うのもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain ってことは、集団行動が苦手とか、家庭を持ちたくない、と思う人もいるのかな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235445g:plain そうですね、そう言うケースも少なくないですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain よく「土星」は苦手、って書いてある説明も見るけど、

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 単なる苦手なら避ければいいですが、キチンとやりたい、と本人が思うことですから、気になっちゃうんですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain だって、何でも得意な人なんていないでしょ。「土星」は出来ないと気になるんで困るんです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain そう言えばそうだわ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain その代わり、手に入れられれば、多くの満足があるわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain でも、ハウスの影響は、意外と自覚が難しいので、何度も同じ失敗をしやすいです。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain なるほど、気をつけたいね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「土星」が入っているので「第4ハウス」が社会での自分、何にステータスを感じるか、の「第10ハウス」、山羊座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

第4ハウスと「天王星」

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain ここからは「トランスサタニアン」だね。ちょっと判りにくいイメージ。

 

f:id:KAERUSAN:20190329002948g:plain そうですね「トランスサタニアン」は「土星」より遠くの星です。

 

f:id:KAERUSAN:20190328232129g:plain で「天王星」は、変化や自由、独自性などを示します、水瓶座の支配星ですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230619g:plain 「第4ハウス」に「独自性」「自由」「変化」を持ち込むイメージですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain え、そう言われても難しいな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 「独自性」と「自由」は両方とも水瓶座的ですが、実際に見ると全然違うものに見えますよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain そうか、個人差も大きそうだな。一般の常識と西洋占星術のカテゴリー分けは完全に一致しないんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 「天王星」は、あんまり使わない人もいるんですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain 「独自性」とか「自由」とか「変化」って確かに表面化しないかもね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain 水瓶座とかが強い人は特に意識したいですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain でも「第4ハウス」だから、仲間とか家族感に出るかもしれないのか。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230731g:plain 自分を保つ距離感とかも有りますし、家庭に伝統にとらわれない形を求めたり、イロイロですよ。結婚と言う制度にとらわれない、などですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain なるほどね、従来の制度にこだわらない結婚とかもあるかもね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain 家族や仲間となじめなければ飛び出しやすい、とも言えますね。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain あー、そういう周囲の影響もあるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「天王星」が入っているので「第4ハウス」が、自由や変化、独自性、友人(自由な距離感)の「第11ハウス」、水瓶座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

第4ハウスと「海王星」

 

f:id:KAERUSAN:20190329162632g:plain 「海王星」は、魚座的な癒し、インスピレーション、を示すよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328230731g:plain そうです、こちらも日ごろ実感しない人も多いですね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328235320g:plain 「インスピレーション」って、にわとりさんは使わないな。って言うか無いな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231912g:plain 魚座的、って非日常的な非現実的なイメージもあるから、生活の中で心がけないと上手く使えない様なところあるよね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234845g:plain 芸術的なご趣味やお仕事などにはナカナカ有益ですよ。感受性が豊かですからね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain 「第4ハウス」に「海王星」か、魚座的な、癒しを与えてくれると嬉しいね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 癒しも重要ですね。非現実的なロマンチックさなどを求めることもありえます。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234706g:plain そうか、優しいイメージが強いけど、妄想もあるのか。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「海王星」が入っているので「第4ハウス」が、想像、インスピレーション、癒しの「第12ハウス」、魚座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

第4ハウスと「冥王星」

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain 「冥王星」と言うと、ズバリ「究極」だね。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain 家庭や仲間に究極?!

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain 蠍座的な一体感を求めることもありますし、

 

f:id:KAERUSAN:20190328234957g:plain 他の人に何かをすごく求めたり、

 

f:id:KAERUSAN:20190328231605g:plain 仲間をとっても大切に思う人もいるでしょう。

 

f:id:KAERUSAN:20190329164718g:plain 困った時は家族は心強いよね、ありがたいですな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233632g:plain 要するに、家族や仲間を大切に思う、と言うことかな。

 

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain それもありますし、大切ゆえに支配しようとすることもあります。

 

f:id:KAERUSAN:20190328231523g:plain おお。

 

f:id:KAERUSAN:20190328234111g:plain そして「冥王星」が入っているので「第4ハウス」は、究極、際限無い追求、支配の「第8ハウス」、蠍座のあるハウスとつながりが生まれます。

 

f:id:KAERUSAN:20190329175941j:plain

f:id:KAERUSAN:20190328233856g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から「ホロスコープ」「ハウス」の記事もごらん下さい~☆