かえるさんの星占いらぼらとりー

星占いによる性格分析を詳しく解説しています。心の仕組みと、ホロスコープを読めるようになることが目的のブログです。

観光バスはどこへ行く 最初の3度で蠍座を考える

f:id:KAERUSAN:20191103194355j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain こんにちは、かえるさんです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 今回は蠍座の最初の3度のサビアンだけで蠍座を考えるお話です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain 気持ちの星座って感じかな。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 気持ちって何だろう?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain 人それぞれですよね。蠍座の場合は一体化ですね。一体化出来たと思うと気持ちを感じやすいです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain そうです、今回は蠍座の最初の3度のサビアンで蠍座を考えます~☆

 

生命の樹 SephirothicTree ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

サビアン Sabian ホロスコープ・タロット - かえるさんの星占いらぼらとりー

 

 

 

f:id:KAERUSAN:20191103194509j:plain

 

蠍座 杯の5「失望」

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain 「失望」という名前はいい感じはしませんが「失望」は期待が過剰になるためです、ですから「失望」に天体がある人はけっこう明るい感じの人が多いです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121702g:plain 「失望」で明るい感じって面白いね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain そうですね、でも「失望」するには期待が無いと「失望」出来ませんから。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain かえるさんも蠍座あるんじゃないの。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain 「失望」は無いです。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain やっぱり、期待に満ちあふれてるのを見たこと無いし。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain ありますよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain いつ?

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plainf:id:KAERUSAN:20191005193913g:plain…。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plainf:id:KAERUSAN:20191005193913g:plain…。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain ありますよ、多分

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain でも、期待するから「失望」ってことはよっぽど期待するんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そうですね、そう言うイメージをつかむためにはサビアンがとても良いのです。

 

蠍座1度「観光バス」

 

f:id:KAERUSAN:20191104014222j:plain

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain 「観光バス」!なんか楽しそうじゃん!蠍座より双子座とか獅子座っぽいよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003233259g:plain 「観光バス」は特定の同じ目的の人しか乗れないんですよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain あ、なるほど。双子座は誰でも乗せてくれそう。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain しかも、バスガイドの人とかいて説明してくれたり、観光の案内などをしてくれるわけです、普通のバスとは大違いですよね。予定外のところに行く気もありません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain もう、目的で頭が一杯なんだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain そうです、さらにバス停などで停止することなく目的地に向かいます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain そして、部外者は乗ることは出来ません。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 「観光」という言葉は「易経」の「観国之光 利用賓于王」(くにのひかりをみる おうにひんたるにもちいるによろし)

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain その国を見ればその国の王様がどんな人物かわかる、というような意味です。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain もう1つは仏教用語の「観光」、「光を観る」正しい、真の姿を見る、という意味があります。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain うん、蠍座っぽいな、やたら深い感じだ。「観光」ってそう考えると蠍座的な言葉だね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain でも「観光バス」だけだと、けっこう楽しそうですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain そうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012507g:plain そんな視点で「2度」を見てみましょう。

 

蠍座2度「割れたビンとこぼれた香水」

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 急に雰囲気が違うね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 香水がこぼれています。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain ちょっとにおいがキツそうだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain こぼしちゃったんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain そうかもしれません、しかし、そうでないかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain どういうこと?

 

f:id:KAERUSAN:20191003235850g:plain 香水は、ちょっとづつ使うのが普通ですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 絶対そうだよね。少しづつ使った方がいいよ、そういうもんよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235334g:plain でも、飽き足らなかったのかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20191003235517g:plain え!ビンは叩き割ったの?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain かもしれません。ちょっと倒した位じゃビンは割れないですよね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain なるほどー、こうやって考えるとイロイロなイメージが出てくるな。ちょっとづつ使うものを叩き割ってしまうのはねぇ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plain でも、うっかり割っちゃったんなら仕方ないけど、

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain わざとだったらちょっと過激だなー。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain でも蠍座らしいでしょ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123825g:plain らしい。蠍座らしい。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain では、さっきの「観光バス」とイメージを一致させてみましょう。

 

f:id:KAERUSAN:20191004124122g:plain おお!ヤバそう!!すごい勢いで、すごく蠍座のイメージだよ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain でも、ビンはわざと割ったんじゃないかもしれません。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain あ、そうか。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121933g:plain でも、結局ビンは割れちゃってるんで、においはすごいでしょうね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain あ、結局ね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain けれども「1度」から「2度」に行かず「3度」にいく場合もあります。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain あ、そうか「2度」は通らないかもしれないんだ。「1度」から「3度」に「魔術師」を通っていくかもしれないのか。情報を精査してよく考えて道を選ぶ感じだ。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そうです、そして「3度」を通ることなく「1度」から「愚者」を通り「2度」そして「神官」を通って「4度」に流れることもあるわけです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004123533g:plain 難しい!

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain 今回は「至高の三角形」の話ですからこの位にしておきますが、タロットの数札を一枚理解することがどれだけ深い作業なのか雰囲気を感じて頂ければ大変結構です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004121550g:plain こういうのも必要なの?

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain カードやホロスコープ、生命の樹の知識を幅広く深くすることで、既存のキーワードを無理やり当てはめるのではなく、リアルなキーワードをその場その場で作ることが出来ます。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010538g:plain 生命の樹はホロスコープではお勧めですが、タロットでは必須ですから是非親しんで頂きたいです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004012427g:plain まあ、サビアンは人気のある技術ですしね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain そういえば香水って結局何なの?

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain 相手の気持ちかもしれませんし、自分の気持ちかもしれません。何かの「本質」を意味するかもしれません。 

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain 簡単に決め付けちゃいけないんだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain 「2度」は「慈悲の柱」にあることも重要です。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 「1度」に対しての直感的な行動の手段や方法が「2度」か。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain それが「割れたビンとこぼれた香水」なわけです。一気に推し進めるような、時間を短縮するようなイメージですね。

 

蠍座3度「上棟式」

 

f:id:KAERUSAN:20191004011642g:plain さすが蠍座、やる気満々じゃん!

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain 原文は A House-raising (ハウスレイズ)ですから、家をジャッキで持ち上げて移動させるために行うものです。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010727g:plain 上棟式(じょうとうしき)は新築の時の祭祀じゃん。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234940g:plain ただ、ハウスレイズより判りやすいですし、一緒に大きなことを始める、する、というイメージが重要ですから「上棟式」にいたしました。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234206g:plain なるほど、大きなことをしたい、一緒にしたい、蠍座っぽいな。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234332g:plain それを「観光バス」や「割れたビンとこぼれた香水」のイメージと混ぜていくことが重要です。

 

f:id:KAERUSAN:20191003234526g:plain うーん、「1度」や「2度」との合成具合でいろんな雰囲気が出てくるな。

 

f:id:KAERUSAN:20191013070745g:plain 一気に取り組む感じとか、それをみんなでやったり、目的を決めてまっしぐらな感じとかだね。

 

f:id:KAERUSAN:20191004010950g:plain そういう考え方が大切です。

 

f:id:KAERUSAN:20190802235736j:plain

f:id:KAERUSAN:20190802212727g:plain カテゴリー(スマホは画面下のほうです)から、ぜひ他の「サビアン」「さそり座」「タロット 生命の樹」「タロット 数札」の記事もごらん下さい~☆

 

f:id:KAERUSAN:20200210092800g:plain かえるさんの占いについてはカテゴリー「かえるさんの占い」または画面下の方をごらん下さい~☆